Logo Piga Piga

Home

ごあいさつ
ニュース&イベント
過去の記録
SANGANA MUSICA
試聴室1
初アルバムづくり
シーノ・タカヒデ
PREMIER FAT JAM
タブレカ TABUREKA
試聴室2
ライブリポート
YAZID
chicoa
ジャナグル JENAGURU
ジャリブ JariBu

[記録] ぴがぴがナイト ほか
Piga Piga Night 1st
Piga Piga Night 2nd
Piga Piga Night 3rd
Piga Piga Night 4th
Piga Piga Night 5th
Piga Piga Night 6th
四国中国ツアー(7&8th)
Piga Piga Night 9th
Piga Piga Night 10th
ハイドパーク出店
Piga Piga Night 11th
水道橋ギャラリー
Piga Piga Night 12th
アフリカンサマー2006
World Summer Jamboree
Afro Night 2007.3.31
和FRICA 2007.6.24
静岡駐車場壁画企画
Piga Piga Night 13th
ケニア暴動2008
Piga Piga Night 14th
Piga Piga Night 15th所沢
Fuji Rock Festival'09

リンク

 携帯用 Contents

  Info in English

伝・書・場・渡

メッセージボード

 ぴがショップ

■関連ニュース&イベント情報■

関連ニュースや気がついたイベントの紹介ページです。このところは案内はトップページにのせているので、終了したイベントの記録ページになってます。イベント情報などありましたら、ご連絡ください。



●ジャガジャガや板井さんのリンガラバンドのライブ

flyer 2014.5.25 AFRICAN NIGHT!!@池袋 鈴ん小屋

2014.5.25(日)AFRICAN NIGHT!!@池袋 鈴ん小屋

JAGAJAGA BAND
Omar Gaindefall+奈良大介+橋本肇+津田悠祐
DJ AMAUU
日時:2014年5月25日(日)OPEN:18:00 START:18:30
料金:2500円(1ドリンク付)
会場:らいぶはうすの鈴ん小屋[りんごや](http://www.ringoya.org/)
Tel. 03-6382-7273、池袋駅5分、豊島区東池袋1-47-1庚申ビルB1F
CONTACT:
JAGA BAND Facebook (http://www.facebook.com/jagajaga.band)
NIRE:Phone 07066676822

板井さんが長期で渡米するとのことで、板井さんのラストライブになりそう。
2014.5.20(しゅん)


●ケニヤから音楽のメッセージ

Mbuta na Omena Kibera Kids キベラの子供たち

◎ケニヤの石川和博さんから

東日本大震災で被害にあわれた方々に、このビデオを見て少しでも元気になっていただきたいという願いを込めて、曲をyoutubeにアップロードしました。
この曲は、私がボランティアで活動させていただいている、フューチャーキッズプロジェクトのビデオクリップです。子供たちの元気な歌声をお楽しみください。

スラム貧困のドン底にあっても子供たちには、夢を抱いて育ってもらいたいと思ってます。
ビデオクリップには、小さな子供に混ざって大きな子供も歌っていますが、この子たちは長年、音楽教室に通って来ている子供たちです。
10年近く通っている子供もいて、スタッフのカウンセリングを受けてみんなずいぶんと大きく立派に育ってきました。
彼らは、フューチャーキッズプロジェクトの奨学金で高校や職業訓練校に通っています。
小さな子供たちの多くは、家庭に食べ物がないのでいつも栄養失調です。
貧困のため給食代が払えない、制服や文房具が買えないなど小学校に通うことができない子供が多く、残念な思いを背負っている子供がたくさんいます。
そんななか、毎週土曜日の午後に開催されるフュチャーキッズプロジェクトの音楽教室は、子供たちにとって、おなかの底から声を出して歌い、お腹いっぱいご飯が食べられて幸せな気持ちになれる楽しいイベントになっています。

曲は、ケニヤのヒップホップで、ビデオの長さは約2分です。
歌のタイトルはスワヒリ語でMbuta na Omenaで、Mbutaとは、ナイルパーチという大きな魚で、Omenaは、淡水イワシで小さな魚です。
要するにタイトルの意味は、大きな魚と小さな魚という意味です。
作詞作曲は、ダグラス ワキウリさん。ワキウリさんは世界のマラソン大会で金メダルを多数受賞。それにソウルオリンピックのマラソンでは、エチオピアのデンシモン選手とデッドヒートの末、銀メダル受賞。オリンピック放送のインタビューでは流暢な日本語で答えていたのでビックリした方も多いかと思います。当時は、ケニヤ人で日本語をしゃべれる人は珍しかったんですね。
ワキウリさんは近年、ケニヤの若い選手が世界に出られるチャンスを増やそうという目的で地元ナイロビでソトコトマラソンを主催しています。コースは、毎年キベラのすぐ近くを走ります。日本からQちゃん(高橋尚子)が毎年応援に来てくださっています。キベラの子供たちもワキウリさんの好意で子供マラソンに出場させてもらっています。
そんなワキウリさんが子供ために作曲してくれた元気が出る1曲です。

石川和博
フューチャーキッズプロジェクト(http://www.fk-p.com)

 福島原発事故に追われる日々になってしまい、こっちに手がまわらない日々です。遅ればせながら、ケニアの石川和博さんから届いた映像と、5月2日のアフロスタイルのイベント案内です。

2011.3.29(しゅん)



●ジャガジャガや板井巧のリンガラバンドが動き出した!

2011.10.9(日)JAGAJAGA BAND@池袋 鈴ん小屋
こえこえ宇宙人祭り
出演:SUNDRUM、二羽高次 (ex Breath Mark)、LEZAMIほか
日時:10月9日(日)開場18:30 / 開演19:00
料金:前売¥2000、当日¥2500(ドリンク代別途)
会場:池袋 鈴ん小屋(http://www.ringoya.org/)Tel.03-6382-7273
 池袋駅5分、豊島区東池袋1-47-1庚申ビルB1(地図

2011.11.3(木)@池袋 鈴ん小屋
柏佐織里企画『Resounds』
出演:小久保淳平、柏佐織里 、JAGAJAGA BANDほか
日時:11月3日(木)開場18:00 / 開演18:30
料金:前売¥2000、当日¥2500(ドリンク代別途)
会場:池袋 鈴ん小屋(http://www.ringoya.org/)Tel.03-6382-7273
 池袋駅5分、豊島区東池袋1-47-1庚申ビルB1(地図

2011.12.14(水)@大塚 Welcome back
JAGAJAGA BANDほか
日時:12月14日(水)開場18:30
料金:2000円
会場:大塚 Welcome back(http://www.welcomeback.jp/)
 大塚駅2分、豊島区南大塚3-44-11フサカビルB1(地図

 板井さんからは、久しぶりにライブをやるとの話。ジャガジャガとくんだリンガラバンドで、去年のダンシングアフリカで一度登場したバンドLEZAMIが出発点とのこと。去年はベンダ・ビリリがやってきて、リンガラのりで楽しませてもらいましたが、あらからもう1年。久しぶりにリンガラで踊りたい人は、ぜひどうぞ。
2011.10.7(しゅん)

●アフリカ、フランス、日本 ─音楽の対話─

2011.11.1(火)Bala Dee @ 六本木 Super Deluxe

Bala Dee

仲野麻紀とヤン・ピタールによるユニットKy(キィ)が探る、即興を軸にした音の旅は、現代と伝統の間に。2009年アフリカラーフェスティバルにて、ブルキナファソの伝統楽器バラフォン奏者ムッサ・ヘマと共演した仲野麻紀は、そのより深い音を探るべく現地バンフォラに赴き、相互の持っている音を共有する“歩み寄り”という方法で、Bala Dee(木の音の意)を結成。2010年Bala Deeは、パリ郊外の街Guyancourt市からアーチストレジデンスとして選ばれ、約3週間の制作期間と、小学校での授業やコンサートを実施。その後フェスティバルなどでの演奏活動を続けている。⇒Bala Dee(http://www.baladee.fr/)
ムッサ・ヘマ(バラフォン)、バシール・サノゴ(カマレンゴニ)、ガストン・ジーコ(ドラム)、ヤン・ピター(ギター、ウード)、仲野麻紀(サックス)

日時:11月1日(火)19:30開場、20:00開演
チャージ: 前売2000円、当日2500円
会場:六本木 Super Deluxe(http://www.super-deluxe.com/)
Tel. 03-5412-0515 港区西麻布3-1-25-B1(地図Map
日比谷線六本木駅1c六本木ヒルズ出口より六本木通り沿い西麻布方面へ1分

◎Bala Dee 来日ツアー日程
10/21 和歌山 HERON
10/22 広島 OTIS!
10/23 京都 精華大学
10/24 京都 METRO
10/25 名古屋 TOKUZO
10/29&30 河口湖ジャズフェスティバル
10/31 静岡 顕光院
11/1 東京 Super Delaxe
11/6 横浜 ドルフィー

詳しくは⇒Bala Dee(http://www.baladee.fr/)



2011.6.29(水)サカキマンゴーの親指帝国ツアーEAST

親指帝国ツアーは東へも。ゲストにスーパー・パーカショニスト駒澤れお氏を迎えます!

サカキマンゴーの親指帝国ツアーEAST

出演:サカキマンゴー、guest:駒澤れお
日時:6月29日(水)open 19:00 / start 20:00
会場・予約・問合:サラヴァ東京(http://www.saravah.jp/tokyo/)TEL:03-6427-8886
 〒150-0043 東京都渋谷区松濤1丁目29-1 渋谷クロスロードビル B1 アクセス
料金:予約2,000 (+1drink order) / 当日2,500(+1drink order)

サカキマンゴー公式サイト(http://sakakimango.com/)


●アフロスタイルたぶんラスト(?)

2011.5.2(月)第20回 AFRO STYLE〜LAST STYLE〜
(5th Anniversary & mitsugu a.k.a ミック楽曲リリース記念PARTY)

桜の季節も終わって、次はゴールデンウィーク。もしくは五月病(笑)。そんなこんなでゴールデンウィークの予定はいかがでしょ? 5月2日の夜はアフロスタイル5周年。And楽曲リリースパーティー。
ちなみにたぶんラストのアフロスタイルになりまして、5年間ひたすらに進んできましたが、今回を期に、イベントに対する想いや、方向性をもう一度見つめ直す必要があるなと思ってます。また新しいアフロスタイルを始めるかもしれませんが、なにも決めてません。
今回の地震や原発のことで、いろいろと考えましたが、精一杯自分のできることをして、周りから笑顔にしていけたら、それが一番いい日本へのエネルギーになると思ってます。
5月2日を精一杯にやりきって、次に進みたいと思ってます。
良かったら最後、踊りに来て! 笑顔で待ってます。

イベント詳細は↓
深夜開催は1周年のときぶり。アフリカンダンスショウケースを見て終電前に帰るもありだし、朝まで踊るもあり。
DJ陣も今回は凄いゲスト参加でヤバイです。
ギャラリーのシーノさんは、アフリカンフェスタの常連でアフロスタイルに今回出てくれるのもビックリ。
MEETS-AFRICANとAFRO daysのかわいい雑貨に囲まれて。小腹が減っても「あふろやさん」のフードがあるので安心。んでもってルームの酒は本当美味い。
豪華なゲスト面子と、レギュラー面子で朝まで楽しくやります。
先着20名にはAFROSTYLEミックスCDにオマケをつけてプレゼント。今回のミックスCDは「AFROSTYLE_mix0」というもので、アフロスタイルを始めるキッカケになった約6年前の俺のミックスです。よろしくどうぞ!! (ミック)

第20回 AFROSTYLE 〜LAST STYLE〜 ( 5th Anniversary & mitsugu a.k.a ミック 楽曲リリース記念PARTY )
日時:2011年5月2日(月・祝日前)22時〜5時
場所:
渋谷THE ROOM (http://www.theroom.jp/)
料金:DOOR:22:00〜23:00までにご来場の方1500yen(1d)、23:00以降2000yen(1d)(先着20名様には、DJ mitsugu a.k.a ミックのmixCDとおまけ付)
タイムテーブル:
2200〜2340 AFROSTYLE RESIDENT DJ`S(mitsugu a.k.a ミック, YONEX , MANABE)
2340〜0000 AFRICAN DANCE SHOWCASE : yemAya(From 大阪)、acc00xy
0000〜0100 YONEX
0100〜0200 DJ LIVE SESSION:AFRICAN GARAGE(Tozawa & ミック)
0200〜0300 Do Shock Booze(TOTEM TRAXX)
0300〜0400 Manabe
0400〜0500 mitsugu a.k.a ミック
GALLERY:シーノ・タカヒデ
SHOP:MEETS-AFRICAN (All Handmade Accessary Shop) 、AFRO days (エコリメイク雑貨)
FOOD:あふろやさん
INTERIOR DESIGNER:sakiOUgh
FLYER:ISSA
PHOTO:saxa
詳しくは⇒AFRO STYLE(http://sound.jp/afrostyle/)


2010.10.11(月)ワールド・ビート2010
スタッフ・ベンダ・ビリリ特別公演


 ベンダ・ビリリよかったですね。私が行ったのは日比谷野音。はじめからすっ飛ばしていくかんじで、途中ゆっくりめの曲も入っていたけど、テンポはどんどん速くなっていき、私めは踊りっぱなしの1時間半。楽しかったあ。
 こういうのを何拍子というのかわからないんだけど、いち、にい、さん、しいのあいだをギターが、あるいはベースが細かく刻んでいくので、それにつられてこっちも体が細かく動いていくというかんじ。このノリってなかなか得られないのよね。
 そして私のお気に入りは、あの走るベース、そして一弦缶からギター。気持ちよかった。ライブ盤をぜひだしてほしい(J-WAVEを録音したのがただいまの愛聴盤)。
 フライヤーとかには書かれていないんだけど、これが私らが“リンガラ”と呼んでいるやつです(略さずにいうと、リンガラ・ミュージックとかルンバ・ロック、ルンバ・コンゴレーズとか呼ばれる)。
 恵比寿にライブレストランのピガピガがあったころは毎日がこのノリで、このノリがほしくって店がなくなったあとで“ぴがぴがナイト”をはじめたという面もあったんです。
 ライブを見損なった人は映画『ベンダ・ビリリ!』をどうぞ。このノリが気に入った人は、うちらがつくったタブレカのヒストリーCDからその2『タブレカ2005リンガラスペシャル』を聞いてみてちょうだい(残部些少⇒ここ)。
2010.10.27(しゅん)


 6月26日のサカキマンゴーさんのとき(ぴがぴがラウンジ)、木陰で演奏するスタッフ・ベンダ・ビリリの映像を見せてもらったんだけど、これがいいんだ。あれはブリキ缶ギターとでもいうんだろうか、小刻みなリズムを刻んでいて前のめり。久しぶりのリンガラのノリに自然と腰が動いておりました。
 そのとき受けた印象とはちょっと違うんだけど、YouTubeの映像から、たとえばこのあたりはどうでしょうか。
2010.7.27(しゅん)


「アフリカの極貧国コンゴ」「路上暮らし」「身体障害者たち」という、幾重ものハンディをものともせず、いま世界旋風を巻き起こしている強靭チーム「スタッフ・ベンダ・ビリリ」を知っていますか?「俺たちはきっとアフリカで一番のグループになる!」ストリート暮らしをしながらもそう言い続けていたファンキーな奴ら。
こんな筋金入りのミュージシャンたち、見たことない、聞いたことない。
ブエナヴィスタのようなキューバの哀愁メロディを8人のメンバーのうち、6人が歌う。JBファンク魂が松葉杖をふりまわし炸裂する!そしてコンゴのルンバが放つグルーヴ感。感動のドラマがやってくる。

出演:スタッフ・ベンダ・ビリリ(コンゴ民主共和国)
   ジャスティン・アダムズ&ジュルデー・カマラ(英国/ガンビア)
   ヴィクター・デメ(ブルキナファソ)
MC:ピーター・バラカン

日時:2010年10月11日(祝・月)開場15:00、開演15:30〜終演19:30予定
会場:日比谷公園野外大音楽堂 ※雨天決行
料金:前売:6300円(指定席・税込)、映画セット券:7,000円(1+映画「ベンダ・ビリリ!」イメージフォーラム)
問い合わせ:プランクトン (http://plankton.co.jp/)Tel.03-3498-2881
詳しくは⇒スタッフ・ベンダ・ビリリ特設ページ(http://bendabilili.jp/)
link to World Beat2010

スタッフ・ベンダ・ビリリ来日公演
9/25(土) 宮城・仙南芸術文化センターえずこホール
9/26(日) 静岡・焼津市文化センター
9/29(水) 大阪・堂島リバーフォーラム
9/30(木) 大阪・堂島リバーフォーラム
10/2(土) 茨城・つくばカピオホール
10/3(日) 福島・いわき芸術文化交流館アリオス
10/9(土) 愛知・長久手町文化の家
10/10(日) 神奈川・よこすか芸術劇場
10/11(祝) 東京・日比谷野外大音楽堂「World Beat」
10/13(水) 福岡・アクロス福岡シンフォニーホール
10/16(土) 長野・まつもと市民芸術館
10/17(日) 東京・三鷹市公会堂

来日ツアーの模様(写真いっぱい)は⇒スタッフ・ベンダ・ビリリ準備日記(http://d.hatena.ne.jp/bendabilili/)


2010.9.11〜 全国公開
映画『ベンダ・ビリリ!〜もう一つのキンシャサの奇跡』



ベンダ・ビリリ!〜もう一つのキンシャサの奇跡(予告編)2分25秒

 サカキさんが紹介してくれた映像で知って来日公演に行きたいと思っていたところに、タイミングよく試写会の案内がまわってきたので、映画『ベンダ・ビリリ!』を見てきました。外から見ると過酷そうに見えるコンゴのストリートと、そこで生き抜いてきた人々の強烈なキャラ、そして彼らがぶちかます音楽。いいです。映画は9月11日から。来日公演・東京は10月11日 日比谷野音と10月17日 三鷹。久しぶりにリンガラのりで踊りたい!!!
2010.9.3(しゅん)

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の首都、キンシャサ。多くの人々は貧困に喘ぎ、ストリートチルドレンは3万人以上と言われている。そんな街である日、2人のフランス人映像作家がストリートの音楽集団“スタッフ・ベンダ・ビリリ”と出会った。障がいを持ち、家もなく、練習場所は動物園。しかし、彼らの音楽は力強く豊かに輝いていた。
路上の生活で培ったすべてを音楽に込め、ストリートの真実を叫ぶ彼らが、キンシャサの片隅からヨーロッパの大舞台へと駆け上った5年間の軌跡。

監督:ルノー・バレ&フローラン・ドラテュライ(2010年/フランス/87分)

9/11(土)シアターイメージフォーラムを皮切りに、全国で公開中
映画上映日程(http://bendabilili.jp/movie/theater.html)
詳しくは⇒映画『ベンダ・ビリリ!』(http://bendabilili.jp/movie/)


2010.8.25(水)〜スキヤキ・オールスターズ 東京初上陸〜SukiAfrica

flyer SukiAfrica2010.8.25

夏のワールド・フェスとしてすっかり定着した富山のスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド。ゆかりの出演者たちがドドーンと集合して一つのバンドを作り、東京初上陸。いろんな国の出演者が一度に登場するさまは、スキヤキ鍋のよう!それぞれのもち曲がどう料理されるのかお楽しみに!

出演:スキヤキ・オールスターズ = チウォニーソ(ジンバブエ)、エリク・アリアーナ(カメルーン)、ピーター・ソロ(トーゴ)、チャン・ジェヒョ(韓国)、サカキマンゴー(日本)、ンダナ(日本)
共演:Nudge! Nudge! Gran Mercado
ゲスト:U-zhaan(タブラ)、駒澤れお(ジャンベ)、高田漣(ギター/ペダルスティール)

日時:2010年8月25日(水)18:00開場、19:00開演
場所:渋谷クラブクアトロ(http://www.club-quattro.com/)Tel.03-3477-8750
料金:前売4500円(学生3000円)、当日5000円(学生3500円)立見、ドリンク別(未就学児可、小学生以上チケット必要)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:108-945)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:78529)
イープラス:eplus.jp
いきいき富山館:http://www.toyamakan.com/
問い合わせ:ホットスタッフ・プロモーション(http://www.red-hot.ne.jp/)Tel.03-5720-9999

今年で20周年を迎える富山のフェスティバル、スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドで出会ったアーティストが国境を越えてユニットを結成。1年がかりの共同作業で楽曲を練り、スキヤキ2010で初演。その公演そのままを東京で再現。 アフリカ音楽の新世代をリードする3人のスーパースター「チウォニーソ」、「エリク・アリアーナ」、「ピーター・ソロ」。韓国打楽器で新風を巻き起こすカリスマ・パーカッショニスト「チャン・ジェヒョ」。日本から世界に向けた個性的音楽を発信する草分け的なアーティスト「サカキマンゴー」、「ンダナ」。奇跡的に出会ったこの豪華なメンバーが、一つの舞台で創造力と経験を生かし、個性的で新しい「ワールド」を表現するスペシャルユニット!

詳しくは⇒SukiAfricaイベント紹介


2010.8.4(水)暑い夏に灼熱のライヴを!
bloco pikaia@江古田 Buddy


皆様、熱帯コンクリートジャングル東京で、無事生き抜いてますか〜? 生命の危険が迫る日々、身体と心お大事に。
さて。クソ暑い時に、熱〜いライヴのお知らせを。
日本を代表する各界のミュージシャンが集って、ブラジリアンビートで強力にグルーヴしまくる、パワフルなライヴです。今回もスローナンバーは無し。是非のお越しをお待ちしてま〜す!(nave)


<bloco pikaia>
渡辺隆雄tp、青木タイセイtb、松本健一ts、和泉聡志g、早川岳晴b、本田珠也ds、小澤敏也perc、渡辺亮perc、古尾谷悠子perc
日時:2010年8月4日(水)19:00open、19:30start
料金:前売3500円、当日4000円
会場:江古田Buddy(http://www.buddy-tokyo.com/)Tel.03-3953-1152

pikaia pandeiro special(http://pikaia-pandeiro-special.com/)
link to bloco pikaia2010.8.4


●コンゴ、ケニア、タンザニア、ジンバブエ、ガーナ、計5カ国の音楽、6組のアーティストが大集合!
2010.4.3(土)アフリカ音楽で踊ろう!! ダンシング アフリカ

flyerダンシングアフリカ
チラシ(PDFファイル)

アフリカ各地から、本物の極上ダンス音楽が集結!! アフリカが好きな人はもちろん、良く知らない人も踊りに来てね。踊れない、なんて人も心配御無用。手拍子だって素敵なダンスですから。赤ん坊からおじいさん、おばあさんまで、みんなで一体になろう。精霊たちも来てくれるかも!!

日時:2010年4月3日(土)14:00オープン、15:00スタート、21:00クローズ
料金:チケット2200円+ワンドリンク500円
会場:上石神井シルクロード(http://silkroad-live.com/)
 TEL&FAX/03-5991-0242
 東京都練馬区上石神井1-7-16 コンポーゼ上石神井B1(西武新宿線上石神井駅から徒歩2分)
主催:ダンシングアフリカ実行委員会
出演:
ゴンダブ+ワテテメコ
東アフリカで太鼓・踊り・祭・儀式など、幅広い概念を表すンゴマ。この文化に惚れ込み、現地で学んできた男女が結成したグループ。マビ・マンジ率いるケニア・ギリアマ族のゴンダ、ユキエのリードするタンザニア・ゴゴ族のムヘメが大地を揺らす
マカンボ ミンギ
アフリカ・コンゴとラテン世界の音楽をこよなく愛する、奥村ケイコ率いる新伝統音楽バンド。コンゴのンゴマをベースとした優しいポリリズムと、シェケレの奏でるアフリカの鼓動が体と心を包み込み、みんなが一体となる。
THREE GHANA BA
ガーナ国内はもとよりアメリカ・ヨーロッパと演奏活動を続けてきた3人のガーナ人バンド。素朴な音色と独特のリズムを心で奏で、広大なアフリカ大陸へと誘う。テンソ・カクラバ・ロビのコギリ(木琴)、ウインチェスター・ニ・テテのパンロゴ(太鼓)、ロビー・コビナ・チバの歌声がアフリカを連れてくる。
パシチガレムビラズ
ジンバブエ、ショナ族の楽器「ムビラ」の伝統(パシチガレ)を受け継ぐバンド。天才ムビラ奏者の息子トンデライ、世界を放浪しムビラに出会ったマサ、ハヤシエリカ、スミをメンバーとし、ともに踊り、歌い、無の境地に誘い、魂を感じられる音楽を目指す。
コイケ龍一
タンザニア芸術大学にて太鼓、ダンスを習得し、ザオセ氏にリンバを習い、ジンバブエではエファットムジュル氏にムビラを習う。独自の音楽をつむぎ出す、魅惑の親指ピアノがダンスに誘う。
LEZAMI
コンゴからやってきたジャガジャガがボーカルをつとめるリンガラバンド。板井巧、二本木潤、善戝カズヤ、 柏佐織里らが奏で、伊藤ヒロコらダンサーが踊る。そして、みんなが踊り出す!

ご予約・お問い合わせ:
ダンシングアフリカ実行委員会 上口(かみぐち)まで
 mail : dancingafrica@gmail.com
※定員は100名ですので、できるだけ御予約をお願いします。また当日直接来られる方は、あらかじめ電話での確認をお勧めします。



●多田がつづけてきた所沢のライブ
2010.4.12 LIVE_WILE Vol.11

國仲勝男(6string-bass)×金澤美也子(pf)
金澤美也子さんは「る*しろう」という超絶的身勝手爽快ガイキチ音楽バンドのリーダー。昨年、山下洋輔さんと共演されたとき、絶賛されてました。
日時:2010年4月12日(月)20時開演 2セットで23時終演の予定
会場:新所沢SWAN(http://homepage2.nifty.com/jazz_swan/)

2010.1.31(日)第8回ピカイア祭り!

皆様、2010年ももうすぐ一ヶ月。何かと暗いニュースばかりですねえ。
パ〜っとした話題を一つ。第8回ピカイア祭り!(nave)

1.pikaia pandeiro special
渡辺隆雄tp 中西文彦g 小澤敏也perc 古尾谷悠子perc
進化型ブラジルロック。Let's shake your HIP!!
2.JINGLE-GYM
小澤敏也率いるパンデイロ・バツカーダ・チーム
3.Flama Silenciosa
渡辺隆雄flh 中西文彦g 早川岳晴b
美しき南米の名曲を静寂の炎の如く
4.青木菜穂子p+沖増菜摘vl
本場アルゼンチンでも活躍する菜穂ちゃん率いる極上タンゴデュオ
5.yucoのアフロブラジルダンス講座
ペルナンブーコ仕込みyucoとシランダ/アフォシェーを踊ろう!
6.木下尊惇g + 森川浩恵 箏,唄
ボリビアフォルクローレの達人と邦楽器の名手の不思議な出会い♪
ほか、豪華アンコール有り

日時:2010年1月31日(日)18:00open 18:30start
会場:江古田Buddy(http://www.buddy-tokyo.com/)
 Tel.03-3953-1152
入場料:前売3000円、当日3500円
詳しくは⇒pikaia pandeiro special(http://pikaia-pandeiro-special.com/)



2010.1.31(日)第16回AFRO STYLE〜 新年会 〜

今年1発目のアフロスタイルのお誘いです。
日時は1月31日の日曜日の17時〜23時過ぎ。
場所はアフロスタイルは初となります高円寺ぱちか村です。
ライブも今回はアフロスタイル初出演のアニチェと初尽くしです!
アニチェのライブのときに、アフリカンダンサーズ(BunBunPokka)が舞います。
是非是非お越しください。
今回はいつものクラブでのスタイルよりも、皆で太鼓叩いたりとお祭りスタイルでいきたいなと思ってます!(Mitsugu)

あふろすたいる2010.1.31
第16回 AFRO STYLE 〜 新年会 〜
DJ:mitsugu a.k.a ミック 、 YONEX 、 MANABE ( meat pie / joint )
LIVE:ANICHE(アニチェ)⇒ぴがぴがナイトのアニチェ
DANCERS:BunBunPokka
GALLERY:ISSA
INTERIOR DESIGNER:sakiOUgh
PHOTO:saxa

日時:2010年1月31日(日)17時 〜 23時過ぎ
入場料:1500円 / 1D
場所:高円寺ぱちか村(http://patika-v.net/)
 TEL/FAX 03-3315-5251 (地図MAP
 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-6-7 第5日東ビルB1F
詳しくは⇒AFRO STYLE(http://sound.jp/afrostyle/)

●AFRO STYLEから誕生!
新感覚たまり場「あふろやさん」2009.12.8〜12.19 期間限定オープン

AFROSTYLE Official ShopやAFRO STYLE Artistsを始めとする、ShopやGalleryやワークショップを企画しています!! ♪全イベント、誰でも参加オッケー♪
link to あふろやさん
場所:
東京都目黒区上目黒1-20-10 中目黒グッドウィングビル3階(中目黒駅前より徒歩1分。以前にケンタッキーがあった場所。
 松屋{牛丼屋}の向かい、りそな銀行の斜め向かい)
12/8(火)オープニングパーティー(17時〜)
12/9(水)AFROSTYLE忘年会 おでんでんでん(1500円でおでんと1ドリンク)18時〜
12/10(木)ムサビ忘年会 18時〜
12/11(金)インドカレー 昼〜夕方
12/11(金)JariBu忘年会 21時〜
?
など、詳しくは
あふろやさん(http://sound.jp/method510/afroyasan.html)
スケジュール(http://sound.jp/method510/afroyasan2.html)


2009.12.17(木)ムビラトロン 投げ銭ライブ@所沢 MOJO

日時:12月17日(木)open 19:00、start 20:00
料金:お通し(500円)+オーダー
会場:所沢 ライブハウス居酒屋MOJO(http://www.mojo-m.com/)
 TEL&FAX 04-2923-3323(地図MAP
 埼玉県所沢市東住吉7-9 T.ingビル201(西武線所沢駅西口徒歩5分)
出演:
ムビラトロン
小池龍一(ムビラ、イリンバ、チリンバ、うた)(http://homepage2.nifty.com/ilimba/)
 1992年タンザニアでイリンバ(親指ピアノ)の第一人者フクウェ・ザウォセに師事。1999年ジンバブエにムビラ修行、巨匠エファット・ムジュルに師事。
Oto(ギター、うた)(http://jp.youtube.com/watch?v=dAXKUpwfHgM)
 元ジャガタラ、ビブラストーン。
ケイコバンド
 奥村恵子ほか(アフリカ・コンゴとラテン音楽を20年に渡り経験してきた奥村ケイコ率いる、新伝統音楽バンド)


●アニャンゴ ライブ情報
2009.12.4(金)セバスチャン・サルガド展アフリカ・ナイト
アフリカの伝統楽器Nyatiti(ニャティティ)の、世界初の女性奏者Anyangoによるライブ演奏をお楽しみください。

出演:
Anyango アニャンゴ (向山恵理子)with ニャティティ・ワレンボ
日時:2009年12月4日(金)開場18:30、19:00〜20:00
会場:東京都写真美術館 1階カフェ シャンブルクレール(http://www.syabi.com/)
定員:30名
料金:セット券1800円(展覧会チケット、ワンドリンク含む)
ライブ券の購入には展覧会チケットのご提示が必要です。展覧会チケットをお持ちの方には、ライブ券(1000円)を発売します。セット券・ライブ券とも10月24日より1階総合受付にて販売します。

◇セバスチャン・サルガド展 アフリカ
会期:10月24日(土)〜12月13日(日)
休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
料金:一般 800円/学生 700円/中高生・65歳以上 600円
会場:東京都写真美術館2階展示室(http://www.syabi.com/details/sarugado.html)

その他のライブ日程は、
アニャンゴ公式HP(http://anyango.com/)
Anyango with Nyatiti Warembo!!公式ブログ(http://ameblo.jp/anyangowarembo/)



●pikaia pandeiro special ライブ情報
2009.11.3(火)Tokyo Volcano vol.3
〜ppsがお届けするしこたまトロピカルな夜〜

opening-act:BAQUEBA
(http://tamancobuco.com/yucoweb/)
アフロブラジルの女神・古尾谷悠子率いるパーカッション軍団。アウファイアがうねる! 体験すべし!!
1. Rustic Pans(from 大阪)
(http://rusticpans.com/)
スティールパンの極上アンサンブルを聴かせる関西の人気ユニット。7人の男達が奏でるハッピー&ピースフルな世界。
2. pikaia pandeiro special
(http://pikaia-pandeiro-special.com/)
東京発世界行。リアルグルーヴを追求する進化型ブラジルロックユニット。Let's shake your HIP&SOUL!

日時:11月3日(火、休)18:30open 19:00start
入場料:前売\3000、当日\3500(ローソンチケット:L-79933)
会場:渋谷LUSH(http://www.toos.co.jp/lush/)Tel. 03-5467-3071

10/20〜11/29 らっぱっぱーパンデいろ ライブツアー 進行中
詳しくは⇒pikaia pandeiro special(http://pikaia-pandeiro-special.com/)


●アニャンゴ初ソロアルバム発売
2009.10.16(金)Anyango初ソロアルバム発売記念
Nyatiti Diva リリースパーティー

みなさまこんにちは! JOWIエンターテイメント(アニャンゴ事務所)の斎賀です。おかげさまで、9月20日にファーストソロアルバム『Nyatiti Diva(ニャティティディーバ)』を発売することになり、10月16日(金)東京・青山で記念ライブの開催することになりました。

Live:アニャンゴ・ウィズ・ニャティティ・ワレンボ(Anyango with Nyatiti Warembo!!)
Guest:バイファル・レボリューション(Bayefall Revolution)
DJs:Ebizo、了‐ryo‐
VJ:SAKKAKU
Art:Satou Taisirou
日時:2009.10.16(金)OPEN 18:00 START 19:00
場所:EATS & MEETS Cay(http://www.spiral.co.jp/f_guide/cay/)
 Tel.03-3498-5790 港区南青山5-6-23(スパイラルB1)
料金:前売り3500円(ローソンチケット Lコード:39347) 当日4000円

今回のCDは、超一流のプロデューサー、エンジニア、アートディレクター、映像監督を迎え、音楽だけなく、アートやスチールやプロモーションビデオといった映像の面でもアニャンゴワールドを余すところなく展開いたします。こうご期待ください!
プロモーションビデオ「マタトゥに乗って」をYou Tubeで見ることができます!(http://www.youtube.com/watch?v=It-wYRd6XvE)
つきましては、1stソロアルバム「Nyatiti Diva」の記念ライブを行います。空間をぜいたくに使い、音だけでなく、映像や照明や アートを使って空間を思いっきり演出いたします。また、演奏もいつもの編成ではなく、新たにコーラス・パーカッションを迎え入れ、音の厚みを作ってまいります。
新しい世界を切り拓いたAnyangoワールドをご堪能しに、ぜひぜひ足をお運びください。アニャンゴチーム一同、みなさまのご来場をこころよりお待ちしております。
(アニャンゴ拝)

【その後のライブ日程】
11.1(日)新宿タワーレコードインストアLIVE
11.7(土)東京・広尾カフェ・フロンティア
11.8(日)福島・郡山オペラクラブ【Nyatiti Diva レコ発LIVE】
11.14(土)山形・山形市協同の社
11.20(金)千葉・九十九里junkarc 【Nyatiti Diva レコ発LIVE】
アニャンゴ公式HP(http://anyango.com/)
Anyango with Nyatiti Warembo!!公式ブログ(http://ameblo.jp/anyangowarembo/theme-10003856021.html)


●pikaia pandeiro special ライブ情報
link to pikaia pandeiro special

2009.8.28
(金)パンデイロの日2009! @荻窪rooster-north-side
今年も開催決定! しかも超スペシャルメンバー! 初めてのpps5に、ショーロ系No.1パンデリスタ長岡さんを迎えて、いろんなパンデイロの可能性をお見せします。pps初めてのパンデイロ祭り。そして、見せるだけでなく、お客さん達も一緒に♪ 必見です!
出演:pps5 = 渡辺隆雄tp 中西文彦g 小澤敏也perc 宮川剛perc 古尾谷悠子perc,with special guest/長岡敬二郎pandeiro,and 小澤組の皆さん
日時:8/28(金)19:00open/20:00start
チャージ:前売\3000、当日\3500(パンデイロ持参の方\500割引)
会場:荻窪rooster-north-side(http://www.ogikubo-rooster.com/north/)Tel.03-5397-5007

2009.9.5(土)@国立 NO TRUNKS
ハードコアからジャズまで個性を発揮する慶子ちゃんを迎えて。
ショーロもやってみよっか!? ソフトにハードに縦横無尽な一日に。
19:00open/20:00start、投げ札制
国立NO TRUNKS(http://notrunks.jp/)Tel.0425-76-6268

2009.9.16(水)@青山 プラッサオンゼ
北海道ツアー帰還翌日。アツアツのppsが爽やかな風を♪一回り大きくなって帰ってきますよ〜
19:00open/20:00start、\2500
青山プラッサオンゼ(http://www.praca11.net/)Tel.03-3405-8015


pikaia pandeiro special ライブ情報

2009.4.11(土)平塚 HAPPY MOUNTAIN BAR
1年ぶり、2nd発売以来初めてのハピマ。暖かくて雰囲気サイコーのお店です。地元平塚の星・中西文彦に加え、秦野の星・古尾谷悠子も抜擢して盛り上げます!

2009.4.18(金)青山 プラッサオンゼ 19:00open 20:00start
2/13の第一弾があまりに楽しかったので、早くも第二弾決定!
パーカッションの怪人・岡部洋一さんとの共演は別格です。「音楽は生き物♪」必見デス!
pps3〈渡辺隆雄tp 中西文彦g 小澤敏也perc〉with guest 岡部洋一perc
青山プラッサオンゼ(http://www.praca11.net/)Tel.03-3405-8015
¥2,500

2009.4.25(土)本牧GOLDEN CUP 18:30open 19:30start
あのゴールデンカップスを生んだ名店。45年の歴史は伊達じゃないっす。
古き良き『昭和の横浜』でのpps。
<渡辺隆雄tp 中西文彦g 小澤敏也perc 古尾谷悠子perc>
本牧ゴールデンカップ Tel.045-623-9353 横浜市中区本牧町1-46
 横浜駅から市営バス本牧車庫前行きで25分、本牧2丁目下車すぐ
 お店の情報&地図はこちらから(http://www.mapple.net/spots/G01400281403.htm)
¥3,000

2009.5.16(土)国立 NO TRUNKS
2009.5.28(木)青山 プラッサオンゼ〈OZAWA'S BIRTHDAY LIVE!〉
2009.5.29(金)名古屋 TOKUZO
2009.5.30(土)松阪 M'AXA
2009.5.31(日)大阪 CHOVE CHUVA

詳しくは⇒pikaia pandeiro special(http://pikaia-pandeiro-special.com/)



●あけましておめでとうございます。新年さっそく届いたライブの案内は、
2009.1.10(土)『TOKYO VOLCANO』発売記念! 第七回ピカイア祭り
 
多くの不安に包まれつつ、2009年を迎えました。今年もよろしくお願いします。
世の中ますます世知辛く、生きずらくなって来ていますが、こんな時こそ「しっかり・じっくり」やって行きたいと思ってます。「常に攻めつつも、大事なものを守る為には戦う」そんな生き方が出来たら良いなあと。
さて、そんな2009年早々、渾身のイベントを開催します。
2007年まで西荻窪・音や金時で6年続けて来た『ピカイア祭り』。昨年は諸事情あって出来ませんでしたが、会場を思い切って江古田Buddyに移して開催します。
今回は全6ユニット! 南米音楽に特化した内容になりました。質の高いアコースティックなサウンドでお届けします。
(pikaia渡辺)

日時:2009年1月10日(土)18:00open 18:30start
会場:江古田Buddy(http://www.buddy-tokyo.com/)Tel. 03-3953-1152
チャージ:前売3000円、当日3500円
1.pikaia pandeiro special 18:30-19:00
 渡辺隆雄tp 中西文彦g 小澤敏也perc 宮川剛perc
 本邦最強アフロブラジルロックバンド
2.江藤有希vl+早川純bandoneon 19:05-19:35
 極上タンゴデュオ
3.小澤組 19:45-20:00
 小澤敏也率いるパンデイロ・バツカーダ・チーム
4.Flama Silenciosa 20:05-20:35
 渡辺隆雄flh 中西文彦g 早川岳晴wb
 美しきブラジル哉
5.TamancoBuco 20:45-21:15
 yuko,takae,yoko,hiroko,naoko:vo&perc
 女の子五人組本格派COCOバンド
6.木下尊惇g 21:20-22:00
 ボリビアフォルクローレの達人
+豪華アンコールセッション!!
 pps+Tamanco+早川岳晴 22:10-22:25
pikaia pandeiro special(http://pikaia-pandeiro-special.com/)
渡辺隆雄頂上作戦 pikaia(http://www007.upp.so-net.ne.jp/rappa-nave/pikaia/pikaia1.html)


●日南子さんからご案内
2009.1.21(水)〜1.27(火)白南風の会展
日時:1月21日(水)〜27日(火)10時〜19時半
会場:ギャラリーダダ(横浜そごう9階)TEL045-461-1533
謹賀新年 暖かく穏やかな年始ですね…
実は今月末展覧会致しますのでメールしました
が勿論皆様お忙しいと存じますので、あくまで一応お知らせ…
という事で決して無理せず
どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m(ひなこ)


●アニャンゴのニャティティの師匠ニャムング氏と、ダンスの先生アドヨ氏がケニアから来日

2008.10.11〜28 ニャティティ名人ニャムング & ダンス名人アドヨ & アニャンゴ日本ツアー
10/11東京→10/12滋賀→10/13愛知→10/17横浜→10/18東京→10/19浜松市→10/22東京→10/26仙台→10/27神奈川→10/28東京
10月にアニャンゴのニャティティの師匠ニャムング氏と、ダンスの先生アドヨ氏がケニアから満を期して来日いたします!!! 世界初の女性ニャティティ奏者にアニャンゴが『なった』のなら、世界初の女性ニャティティ奏者を『創った』のがニャムング氏です。本場の、本物の、最高峰名人の伝統芸をぜひともご堪能ください。超絶のアフリカン・グルーヴをお見逃しなく!! ぜひぜひお近くのイベントに、お越しください!!! お待ちしております!!!
(アニャンゴ)

すごい量のイベント日程なので詳細はこちらをごらんください⇒超重要・アニャンゴの師匠ニャムング氏が来日(http://ameblo.jp/anyangowarembo/entry-10145076375.html)
アニャンゴ with ニャティティ・ワレンボ!!(http://ameblo.jp/anyangowarembo/)

NGOMA JAPANI ンゴマ・ジャパニ vol.3
ケニアからニャムングとアドヨが来日。最高峰のニャティティ名人に酔いしれ、踊り狂え!
2008.10.11(土)JICA地球ひろば・講堂
2008.10.17
(金)横浜THUMBS UP
主催:ンゴマ・ジャパニ(http://ngoma-japani.orio.jp)
詳細情報(http://ngoma-japani.orio.jp/index.php/ent/88/)

2008.10.22(水)
Nyatiti Night ニャティティナイト at カラバッシュ
ケニアはルオー族に伝わる伝統楽器ニャティティの最高峰奏者ニャムング来日ツアーの終盤に、カラバッシュでスペシャルライブ!
出演:ニャムング・ジョセフ・オディアンボ、アニャンゴ、セネ☆ガール、アニチェ
日時:10月22日(水)Open18:30、Start19:30
チャージ:2500円
会場:アフリカンレストラン・カラバッシュ(http://www.calabash.co.jp/)
 Tel.03-3433-0884 港区浜松町2-10-1浜松町ビルB1(浜松町南口S5階段金杉橋方面出口より2分)

link to info Ngoma Japani

flyer 2008.10.22


南半球系バンド・チキリカ、ライブ(2008年10月5日)

チキリカのページを新設したので移動しました


pikaia pandeiro special〈TOKYO VOLCANO〉発売記念ライヴ(2008年9月29日)

 北海道ツアーから帰ってきたばかりとのことで、ツアーの勢いをひっさげての汗したたるライブでした。11月には全国ツアーがひかえているというし、CD“東京活火山”ひっさげて突っ走ってくだっさい。この日の会場はブラジルレストランで、ヤシの芽やらはじめての料理も体験。そう、みなさんもCDをぜひどうぞ。11/2にはタワーレコード渋谷店でインストアライブもあります。
2008.10.1(しゅん)

●pikaia pandeiro special 2ndアルバム発売!
2008.9.29(月)pikaia pandeiro special
CD〈TOKYO VOLCANO〉発売記念ライヴ!!
日時:9月29日(月)Open 19:00、Start 20:00
チャージ:2500円
会場:青山 プラッサオンゼ(http://www.praca11.net/)
 Tel. 03-3405-8015 港区北青山3-5-2第2青朋ビルB1(地図MAP
 営団地下鉄表参道駅A3出口徒歩5分
pikaia pandeiro special(http://pikaia-pandeiro-special.com/)
渡辺隆雄頂上作戦 pikaia(http://www007.upp.so-net.ne.jp/rappa-nave/pikaia/pikaia1.html)
Full Design Recordsアルバム紹介(http://fulldesign.sakura.ne.jp/info/)

●pikaia pandeiro special 2ndアルバム発売!
2008.10.5(日)pps presents
TOKYO VOLCANO vol.2 @ Shibuya LUSH
東京アフロブラジルシーンを突っ走るppsがお届けする『しこたまハッピーな夜』。
pikaia pandeiro special VS NOVOS NANIWANOS
映像:横沢“ベニ”紅太郎
日時:2008年10月5日(日)18:30オープン、19:30スタート
入場料:前売3000円、当日3500円
会場:渋谷 LUSH(http://www.toos.co.jp/lush/)Tel. 03-5467-3071
pikaia pandeiro special(http://pikaia-pandeiro-special.com/)
Full Design Recordsアルバム紹介(http://fulldesign.sakura.ne.jp/info/)

flyer pps 2008.10.5


●板井巧、伊藤宏子ほか登場
2008.9.7(日)
Elephanight
〜ゾウとアフリカと音楽の夕べ
アフリカンミュージック:板井巧ほか、ダンスワークショップ:伊藤宏子
スピーチ:マイケル・ワミチ(元ケニア野生生物局長でIFAW国際ゾウ保護プログラム部長)
日時:9月7日(日)17:00開場
会場:Cafe Liberte(http://www.tokyohipstersclub.com/html/cafe/)
 渋谷区神宮前6-16-23 THCビル3F(地図MAP
入場無料
開催情報(http://www.ifaw.org/ifaw/general/default.aspx?oid=89520)
ちらし(http://www.ifaw.org/ifaw/dimages/custom/elephanight.pdf)

FAR HOOK at 西麻布XROSS(2008年7月13日)

FAR HOOK 2008.7.13

ごめん、遠くからだったもんで早い動きにカメラがついてけない…

FAR HOOK 2008.7.13

 行ってみたら若い人がわんさかで、クラブに来たのは考えてみると久しぶり。うしろのバーカウンターでビール飲みながら、人間観察というかんじになっておりました。
 FAR HOOKは、お目当てのJURIさんが怪我で休場し踊り手3人と、太鼓勢は2人か。いろんなグループが次々出てくるイベントで、FAR HOOKが始まったと思ったらあっという間に終わってしまったかんじでした。怪我はへんに残るとあとあとぶりかえしたりするんで、時間かかるかもしれないけど養生してね。話できてよかったよ、ありがとう。
2008.7.16(しゅん)

●JURIさんからご案内
2008.7.13(日)
FAR HOOK
in TERNIVAL SENSE Debut ALBUM「SHINING」Release Party
TERNIVAL SENSE Debut ALBUM「SHINING」Release Party
& JUNE ダンサーオーディション ファイナル meets... LUV SEAcret
出演:
RESIDENT PERFORMANCE/ LUV AND RESPONSE
SPECIAL GUEST LIVE/ JUNE
Release LIVE/ TERNIVAL SENSE with FOOLiSH CREW [One da 4side & TWIN-B & JOKER & K's STYLE ]
GUEST LIVE/ YORK, S.Y.K, KiaLa
GUEST DANCE/ FAR HOOK, CUBIC, MasamiE+KU-GE., THE TEAM, High-Est
PICK UP LIVE/ Sweep, 高橋 一平, Kim BIANCA, SAYA, satsuki, 正哉, BLIND LUCK, YMC+SAYURI
BASKETBALL PERFORMANCE / JKT
DJ/ HIRO, YU-KI
日時:7月13 日(日)16:00〜22:30(FAR HOOKは21時40分頃)
料金:DOOR:\3500/1d W/F\3000/1d GUEST料金:\2500/1D
 事前にご連絡頂けたら、ゲスト料金とれます
会場:西麻布XROSS(http://www.club-xross.com/)03-5413-8600 (XROSS)

お久しぶりです☆お元気ですか
FAR HOOK結成して一年が経ちました☆記念すべきイベントで、気合い入ってます☆是非、応援しに来て下さい☆よろしくお願いします(>_<) ☆私達、21時40分頃踊ります☆

(JURI.IMAFUJI)

FAR HOOK(http://www.farhook.com/)
jumelles(http://jumelles.blog107.fc2.com/)


●チキリカのひらげさんが音楽かけたり話したり

 チキリカのときのひらげさんしか知らなかったもので、どんな話と音楽を聞かせてくれるのかと、のぞいてきました。
 いやすごい。私なんぞは、アフリカ音楽はつまみ食いで、知らないミュージシャンが多いし、歴史もわかってないんですが、ジンバブエのポピュラー音楽のはじまりから現在までを系統だって話していて、ひらげさんてすごい人だったんだと思ったしだい。ちなみにひらげさん、もとい平尾吉直氏の著作は、以下のようになっています。

著書:「響きあう声−ゾラ・ニール・ハーストン『彼らの目は神を見ていた』のポリフォニー」『メトロポリタン』44号(2001)、「アチェベ、ショインカ、グギ アフリカ文学の台頭」『週刊朝日百科 世界の文学 アフリカ文学』(2001)、"Igbo Pluralism in Chinua Achebe's Things Fall Apart" 『メトロポリタン』46号(2002)、「『ファイア!!』と三人の作家−サーマン、ヒューズ、ハーストンの炎」『國學院雑誌』第103巻8号(2002)、「アビク=オバンジェとナイジェリアの文学」『黒人研究』72号(2004)、「チヌア・アチェベと言語イメージ」『黒人研究の世界』(青磁書房、2005)、「『変わっていく同じもの』/『変わっていく』という同じもの」『越境・周縁・ディアスポラー三つのアメリカ文学』(南雲堂フェニックス、2006)、「音楽と公民権運動−ソウル・ミュージックにおけるゴスペル回帰と人種統合」『黒人研究』75号(2006)、「黒人ミンストレルの虚構性と演技する力」『言語文化』23 (2006)、「ジンバブウェの都市ポピュラー音楽とコミュニティ」『多文化研究学会』創刊号(2007)、「ゾラ・ニール・ハーストンとアフリカ系コミュニティのポリフォニー」『ハーストン、ウォーカー、モリソン―アフリカ系アメリカ人女性作家をつなぐ点と線』(南雲堂フェニックス、2007)

 ジンバブエのポピュラー音楽を間違って要約するのはまずいけど、ジャズにはじまって、だいぶ後のまだ植民地時代のことだけどザイール・コンゴのバンドが来て人気になって住みつき、そのバンドメンバーがしだいに地元ミュージシャンに置き換わっていったというあたりに、今もリンガラっぽい音が多いわけを理解。
 僕なんかはジンバブエはその後のトーマス・マプーモからだけど、バンドの音にンゴマを取り入れたのはいわばルネサンスというのか、ポピュラー音楽のなかでの伝統音楽の再評価だったんですね。
 そしていまや最後にかけてくれた人、名前忘れちゃったけど、あれは面白い。俺はジンバブエなんかにおさまる気はないぜ、アフリカ人だぜ、好きなことをやるぜ、というかんじで、音の印象(私は細かいリズムのことはわからないので印象です)は西アフリカ。私の好きなBEMBEYA JAZZ NATIONALを思い浮かべておりました。最後の人のCDほしい!
2008.7.16(しゅん)

2008.7.5(土)ンゴマニア・ジリーズ Vol.4 ンゴマニアナイト!!
『ジンバブウェの伝統音楽の変容から現代音楽まで』

この度のンゴマニア・セミナーは、初登場ジンバブウェです。
アフリカ大陸の南部に位置するジンバブウェは、1980年の独立までの長い白人支配に屈することなく、ショナ人固有の音楽文化を維持し独立運動の原動力となってきました。そのような歴史を背景に今もその伝統音楽は変化しながらも、人々の心を纏め上げています。
そして、スワヒリからコンゴ、南アフリカまで内陸国らしく周辺各国に影響を受けながらジンバブウェ・ポピュラー音楽は多様に発展しました。
チムレンガ(独立解放運動)ミュージックを代表するトーマス・マプーモの来日映像から、ムビラゼナリラ、チオニソ・マライレといった現代ムビラミューシック。そして、オリバー・ムツクチやタウンシップ・ジャズや西洋風のポップスも含めたジンバブウェ・ポピュラー音楽まで、ジンバブウェを独自に研究し続ける平尾吉直氏に語っていただきます。
会場は、ビールとラーメンをこよなく愛する平尾氏にぴったりの50種類以上のの第三世界系のビールをそろえるBeer BAR クワトロ・エス・プラス。当日は、アフリカンフードのスペシャルメニューも準備しています。

日時:7月5日(土)19:00〜21:00
チャージ:2000円(世界のビール1杯とおつまみ付き)
会場:新宿御苑 Beer BAR クワトロ・エス・プラス(http://4splus.com/)
 Tel.03-3358-5609 新宿区新宿1-2-6花忠ビルB1F
講師:平尾吉直(首都大学英米文学科助手)
予約:erika_amu@yahoo.co.jp(ンゴマ・ジャパニ担当:ハヤシエリカ)
 または、お店(03-3358-5609)に直接お願いします。
主催:ンゴマ・ジャパニ(http://ngoma-japani.orio.jp/)
協力:クワトロ・エス・プラス(http://4splus.com/)

平尾吉直氏よりメッセージ『アフリカ音楽とぼく』
きっかけは80年代半ばのワールド・ミュージック・ブームでした。今ではほとんど想像もできないことですが、バブル景気に沸く日本では毎月のようにアフリカのミュージシャンの公演が行われ、ワールド・ミュージックの祭典WOMADが横浜で開催されるなど、世界各地の音楽が注目を集めていました。もともとブルースやソウル・ミュージックが好きだったぼくは、同じ黒い肌の人たちがやっている音楽ということもあって、キング.サニー・アデ、ユッスー・ンドゥール、サリフ・ケイタといったアフリカ音楽にのめりこんでいきました。
そんななか、通っていた大学にアフリカ文学を教えている先生がいるという話を聞きました。ジンバブウェの作家チェンジェライ・ホーヴェや南アのノーベル賞作家ナディン・ゴーディマの翻訳者として知られる福島富士男先生です。興味をかきたてられたぼくは持ち前のずうずうしさと酔った勢いで先生に近づき、卒業論文もナイジェリアの作家チヌア・アチェベで書きました。ジンバブウェ音楽との出会いも、ホーヴェの作品を翻訳していた師匠に連れられて行ったトーマス・マプーモの来日公演(1991)でした。ムビラの響きとうねるようなポリリズムに魅了され、師匠の紹介でマプーモ本人と握手までしたぼくはすっかり舞い上がり、すっかりチムレンガの虜になってしまいました。毎年のようにジンバブウェを訪れ、I型糖尿病という病気を抱えたムビラ奏者の友人を日本に招いて演奏と講演をやってもらうことになったのも、元はと言えばこのときの感動があったからなのです。
その後、アフリカ文学とアフリカ系アメリカ人の文学を学ぶために大学院に進む一方で、「いんちきアフリカ」バンド(略してチキリカ)と称するグループで演奏しはじめました。アフリカ音楽に影響を受けながらも、日本語でオリジナルをやるという志だけは高いグループです。現在もあちこちにアフリカ文学、アフリカ系アメリカ人の文学や文化についての論文を書かせていただきながら、アフリカ音楽への憧憬冷めやらず、演奏活動を続けています。(平尾吉直)
HP ひらげの部屋(http://www.bekkoame.ne.jp/~hirao-k/top.htm)
ブログ ひらげ日記(http://hirage.cocolog-nifty.com/)


●pikaia渡辺さんより新企画スタート!!
2008.3.31(月)pikaia pandeiro special presents
TOKYO VOLCANO vol.1
東京アフロブラジルシーンを突っ走るppsがお届けするしこたまロックな夜

link to pikaia pandeiro special
VOTOM
 渡辺剛key、竹中俊二g 恵美直也b 田中栄二ds だてげんperc、
 新鋭コンポーザー渡辺剛のリーダープロジェクト。“Virus Of Tokyo Open Music”のコンセプトのもと、様々なサウンドがぶつかり合うグチャグチャで衝撃的なグルーヴ!]
映像:横沢 "ベニ" 紅太郎
 ppsのDVD制作のほか、渋さ知らズetcでも活躍するアグレッシヴ&フレキシブルな映像作家
pikaia pandeiro special
 渡辺隆雄tp、中西文彦g、小澤敏也perc、宮川剛ds&perc
 ブラジリアンパーカッションの可能性を追求すべく活動を繰り広げている、日本では数少ないボーダーレス・ブラジルロックバンド
日時:3月31日(月)19:00オープン、19:30スタート
会場:渋谷 LUSH(http://www.toos.co.jp/lush)
 Tel.03-5467-3071 渋谷区渋谷1-10-7 グロ−リア宮益坂V B1F
 JR渋谷駅東口より宮益坂方面へ徒歩5分
チャージ:前売3000円、当日3500円
詳しくは⇒pikaia pandeiro special(http://pikaia-pandeiro-special.com)

 4月頭にppsで2度目のレコーディングをします。それを前にして、ここ半年間トライしてきたことのお披露目を。普段のプラッサオンゼでは見せられないppsをば。
 忙しいでしょうが、時間があれば遊びに来て下さ〜い。

(pikaia渡辺)



●アニャンゴを追ったドキュメンタリー映画『UPEPO』公開
2008.3.23(日)
『UPEPO』上映会&向山恵理子
(Anyango With Nyatiti Warembo!!)ミニライブ!
日時:2008年3月23日(日)12:30開場、13:00開始、16:00終了
会場:狛江西河原公民館ホール Tel.03-3480-3201 狛江市元和泉2-35-1
料金:1500円(ケニアの孤児院とスラムのために使われます)
予約:お名前、人数をお書きのうえ、pamoja-earth@soul.nifty.jpまでお申し込みください。確認後返信致します。
主催:pamoja 地球を球くするつながり(http://pamoja-earth.com)

 昨年1年間、アニャンゴを追いかけて、ドキュメンタリー映画を撮影した飯島俊輔監督による映画『UPEPO(風)』がとうとう劇場上映されます!! 都内上映は今のところこの一日だけ。もちろんアニャワレによる生ライブと、アニャンゴと飯島監督によるトークショーもございます。みなさま、お誘い合わせのうえぜひともお出かけくださいませ! お待ちしています!!!
(アニャンゴ こと 向山恵理子)



●JURIさんからご案内
2008.3.8 & 3.9 アフリカンダンスセンター(ADC)第1回発表会
日時:3月8日(土)18:30〜
   3月9日(日)13:30〜、17:30〜
会場:吉祥寺の前進座劇場(JR・京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩12分)
チケット:前売3000円(メールでinfo@farhook.comに申し込み)
詳しくは⇒FAR HOOK(http://www.farhook.com)

皆様お元気ですか? 先日アフリカから帰って来ました♪ 今は、発表会に向けて頑張っています。
ダンススタジオBLOCK ONと合同の発表会です。FAR HOOKインストラクターとともに、アフリカンダンスセンターの生徒が、パワフルなアフリカンダンスを披露いたします。
生音での初のサバールダンスナンバー! 私達も参加して踊りますので、是非是非応援しに来てくださいo(^-^)o 心よりお待ちしています☆
(JURI.IMAFUJI)

スタジオADC(African Dance Center)ダンススクール
毎週日曜 13:00〜14:30(サバール超初級)、14:45〜15:15(アドバンスクラス)
会場:渋谷 Dance Studio Canary(http://www.s-canary.jp/african.html)
 TEL:03-3498-3226 渋谷区渋谷2-14-16第2叶ビル5F


●日南子さんからご案内
2008.3.3〜3.8「新洋画会:神奈川支部展」に出品

日時:3月3日(月)〜8日(土)11:00〜19:00(初日13時から、最終日16時まで)
会場:画廊土瓶
 Tel.045-641-9318 横浜市不老町1-4-12
 JR関内駅下車、絵具屋「三吉」2階
会場には8日11時〜16時にいる予定です。お時間ございましたらよろしくお願いいたしますm(__)m


●JURIさんからご案内
スタジオADC(African Dance Center)オープン
DANCE STUDIO FIRST(http://www.first01.com)の協力のもと、遂にアフリカンダンスセンターADCがOPENします!!
今まで、サバールダンスを習いたくてもどこで習えばいいか分らなかったという方、最近サバールダンスが気になっているという方、etc…
是非!! 是非!! まずは体験しに来てください☆
クラスは、生太鼓で行います。裸足でのレッスンになりますので、身軽で気軽に♪いらしてください★

○体験レッスン
2007年12月 2、9、16、23日(毎週日曜)
12:00〜13:30(サバール超初級)1回 ¥2100
13:45〜14:15(ステップアップクラス)続けて受ける方1回 ¥500、このクラスから受ける方1回 ¥1000
※ステップアップクラスは、サバールステップのみのレッスンになります。このクラスから受けられる方は、必ずストレッチを行ってから参加して下さい。
○プレオープン
プレオープンの間に入会された方は、入会金無料。グランドオープンからは入会金が必要になりますので、この機会に是非!
2008年1月 6、13、20、27日(毎週日曜)2月(調整中)
13:00〜14:30(サバール超初級)1回 \2500
14:45〜15:15(ステップアップクラス)続けて受ける方1回 ¥500、このクラスから受ける方1回 ¥1000
※ステップアップクラスは、サバールステップのみのレッスンになります。このクラスから受けられる方は、必ずストレッチを行ってから参加して下さい。
○グランドオープン
2008年3月 毎週日曜
13:00〜14:30(サバール超初級)
14:45〜15:15(ステップアップクラス)
(詳細決まり次第、随時お知らせします)

会場:Dance Studio Canary(http://www.s-canary.jp/info.html)
 TEL:03-3498-3226 渋谷区渋谷2-14-16第2叶ビル5F
 渋谷駅東口を出て246号線を青山方面へ。エネオス向かいジョナサン隣のサンクス2Fにあります。
PRODUCED by FAR HOOK
FAR HOOK Homepage(http://www.farhook.com)
FAR HOOK 動画(http://www.farhook.com/movie.html)
・お問い合わせ先 :info@farhook.com

お久しぶりです! お元気ですか。
実は、この度ダンススタジオFIRSTのバックアップのもと、サバールダンスのクラスを、チームのメンバーで開催することになりました。来年3月の発表会では、オープニングアクトでナンバーを出させてもらうことも決定しています。
もしサバールダンスに興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ体験しに来てください。
(JURI.IMAFUJI)


●日南子さんからご案内
2007.11.22〜12.24 クリスマス展 in ギャラリーFree Wings
日時:11月22日(木)〜12月24日(日)火曜休
会場:ギャラリーFree Wings

 Tel.03-5950-4566 豊島区目白1-7-18佐藤2F
 JR目白駅下車改札出て右折、学習院大学沿い歩き千登世橋交差点脇のビル2F

ご無沙汰致しております。突然ですが、今年最後の展覧会です。私&主人が今回ポストカードを展示即売いたします。年末お忙しいと存じますが、もしお近くいらしたらよろしくお願いいたします。


●所沢でライブ
2007.12.11(火)AT's WILE presents LIVE-WILE Vol.6
flyer 2007.12.11出演:ネグリータ(伊澤陽一、須藤信一郎)、ヤマザキヤマト
日時:12月11日(火)20:00〜
料金:投げ銭ライブ
(お通し500円+1オーダー)
会場:音楽喫茶モジョ MOJO(http://www.mojo-m.com)
 Tel.04-2923-3323 所沢駅西口徒歩5分(地図MAP
 所沢市東住吉7-9 T.ingビル201

伊澤陽一さんは1978年生まれの元気なスティールパン奏者です。原田芳宏氏の率いるPanorama Steel Orchestraのメンバーですが、いろんな人といろんな形で演奏活動やってます。ピアノとのデュオである「ネグリータ」もそのひとつ。所沢市在住ですが、あんまり地元では見る機会がありませんから、とても楽しみ。
ピアノの須藤信一郎さんは練馬区在住。やっぱりタンゴ、シャンソン、ジャズ、ソウルと幅広くやっている才人です。KENTAさん(Vo)とのデュオで所沢デビュー(新所沢ブロックヘッズ:LIVEWILE Vol.1)。昨年11月のLIVE-WILE Vol.4(Mojo)出演が急遽駄目になったので、今回はリベンジということで気合い入ってます。
ヤマザキヤマトさんは入間市在住。Mojoではおなじみの「叩く人」。今回はアフリカからカリブ、南米への音楽の旅をイメージし、ヤマトさんに道案内をお願いしました。ジェンベ、トーキングドラムからビリンバゥ、それに「20世紀最後に発明されたアコースティック楽器」の座をスティールパンから奪取したハングまで駆使し、うたを聴かせてくれます。
2007年も残りわずか。みなさまのご来場をお待ちしております。
(WILE project 多田篤毅)


●pikaiaのライブ情報
2007.10.23 & 11.16 マンスリーpikaia pandeiro special@プラッサ
西ツアーを見据えてたっぷりじっくり・・・、ということで青山プラッサでのマンスリーライブ
出演:pikaia pandeiro special(渡辺隆雄 tp,flh、中西文彦 ac&el-g、小澤敏也 pandeiro,timbal,berimbau,djembe、宮川剛 pandeiro,alfaia,rebolo)
日時:10月23日(火)&11月16日(金)19:00オープン、20:00スタート
会場:青山プラッサオンゼ(http://www.praca11.net)Tel.03-3405-8015
 港区北青山3-5-2 第2青朋ビルB2、表参道駅A3出口徒歩5分(地図MAP
チャージ:2500円+飲食(ブラジル料理が激うまとのこと)
予約・お問い合わせはプラッサオンゼまで
詳しくはHomepage⇒pikaia pandeiro special(http://pikaia-pandeiro-special.com)

2007.11 pikaia pandeiro special ツアー'07秋
link to pikaia pandeiro special

11月17日(土)松坂 M'AXA
11月18日(日)姫路 The Barrel
11月20日(火)福岡 Deja-vu
11月21日(水)山口 ポルシェ
11月22日(木)高知県香南市赤岡 タオ
11月24日(土)高知 風街
11月25日(日)福山 ブラジリアンステーション
11月26日(月)大阪 CHOVE CHUVA
11月27日(火)名古屋 TOKUZO
詳しくはHomepage⇒pikaia pandeiro special(http://pikaia-pandeiro-special.com)


●日南子さんからご案内
2007.11.6〜11.11 新洋画会員展
日時:11月6日(火)〜11日(日)10:00〜17:00(最終日〜16:00)
会場:恵比寿麦酒記念館(恵比寿ガーデンプレイス内)
入場無料
16時半までに入場いただければ、できたて格安美味ビールが味わえます…。皆様お誘い合せていらして頂ければ幸いです。ちなみに私、会期内13時〜会場在中予定、とのこと。


●モッコリーさん“脱皮”

Moccoly 脱皮大作戦
松本リンダ、Moccoly、朧
Moccoly 脱皮大作戦
 
Moccoly 脱皮大作戦
この日(10/5)のゲストは藤井康一さん

 ぴがぴがナイトがお初だったので、どんなことをするんだろうと思いながら、モッコリーさんの“脱皮”を見てきました。
 踊りまくるのかと思っていたらそうではなくて、こういうのなんて言うんだろう、パントマイムと言ったらいいのか、ある日の出来事といったストーリーがあって、コミカルな振りがあり踊りがあるというもの。
 うん“脱皮”だ。1時間半あきずに楽しませてもらいました。
2007.10.14(しゅん)

2007.10.2〜10.5 Moccoly生誕30周年記念特別企画 脱皮大作戦

link to Moccoly脱皮大作戦30歳という年齢を目前に控えたMoccoly。「今までのダンスを経て新たなるMoccolyに−脱皮して−生まれかわる!」という想いを込めた今までにない新感覚なダンス公演。公演では、常に誰かに助けられてきたMoccolyや、様々に変化するMoccolyの感情を、過去の作品と新しい作品を織り交ぜながら3人のダンサーがコミカルに表現する。日替わりで豪華ミュージシャンも登場し、見所満載!
日時:10月2日(火)開場19:00、開演19:30
   10月3日(水)開場13:30、開演14:00
   10月4日(木)開場19:00、開演19:30
   10月5日(金)開場19:00、開演19:30
会場:深川江戸資料館小劇場会場へのアクセス
振付・構成:Moccoly、布施典子
出演者:Moccoly(ダンサー)、松本 リンタ(ダンサー)、朧(ダンサー)
日替わりスペシャルゲスト:2日(火)八木 のぶお、3日(水)ヤマザキ ヤマト、4日(木)奈良大介、5日(金)藤井康一
チケット:前売2000円、ペアチケット3500円、4日間通 しチケット6000円、ペアチケット10000円、当日2000円(当日券のペアチケットはありません)
詳しくは⇒脱皮大作戦(http://www.moccoly.com/dance-info)
Moccoly ホームページ(http://www.moccoly.com)


●ンゴマ・ジャパニから

Bakulutu Entertainment
Bakulutu Entertainment
サカキマンゴー & Limba Train Sound System
サカキマンゴー & Limba Train Sound System
サカキマンゴー & Limba Train Sound System

 1年ぶり、2回目になるンゴマ・ジャパニに行ってきました。アニャンゴさん、サカキマンゴーさんと恒例の面々に、今回はケニアのオモシさん率いるバクルトゥ・エンタテイメントを加え、東アフリカ伝統芸能の集いといったおもむき。
 1年をへてアニャンゴさんとその踊り子たちがうまくなっていて、バクルトゥは本場もんのリズムを打ち出し、サカキマンゴーさんのリンバトレインは日比谷のアフリカンフェスタで見たときよりずっとよかった。
 ケニヤの踊りを見ていて改めて思ったのは、東アフリカの踊りって太平洋がかなりに入っている、ということ。特に腰で踊るところなんて太平洋そのもので、いくつかの踊りはそのまま太平洋の島にあってもおかしくないかんじ。見る機会の多い西アフリカの踊りとはかなりに違っている。
 アフリカでもマダガスカルはモンゴロイドが移り住んだ島だと聞いたことがあるし、意外に太平洋とアフリカは近いのかもと思ったしだい。
2007.10.14(しゅん)

2007.9.30 NGOMA JAPANI ンゴマ・ジャパニ vol.2

link to NGOMA JAPANI東アフリカが炸裂します!
ライブ:
サカキマンゴー & Limba Train Sound System
バクルトゥ・エンターテイメント
アニャンゴ with ニャティティ・ワレンボ!!
・マビ・マンジ&ゴンダブ
DJ:CODE E a.k.a. ebizo
写真展示:桜木奈央子、佐藤太志朗、Kick-Dai
スピーチ:山田耕平織本知央子山崎美緒、榎田竜路、テンパ・テラー
日時:9月30日(日)17:00開場、17:30開演
入場料:前売3500円、 当日4000円
会場:六本木 Super Deluxe(http://www.super-deluxe.com)
 Tel. 03-5412-0515 港区西麻布3-1-25-B1
 日比谷線六本木駅1c六本木ヒルズ出口より六本木通り沿い西麻布方面へ1分
詳しくは⇒ンゴマ・ジャパニ(http://ngoma-japani.orio.jp)



●サカキマンゴー in 高知

8月17日(金)サカキマンゴー 風街ライブ

情報掲載遅れてすみません。シーノ・タカヒデがイラスト展を開催中の高知の風街でサカキさんのライブです。
日時:8月17日(金)19:00〜
料金:3000円(1ドリンク付)
会場:風街 Tel.088-961-0117 高知市はりまや町2-7-18-2F
イラスト展は同会場で8/13(月)〜8/18(土)

チラシ⇒PDFファイル画像

flyer サカキマンゴー風街ライブ


●タンザニア、ザンジバル島の大衆音楽・ターラブ

link to Taarab from Zanzibar

アラブの大衆歌謡〜アフリカのリズム〜インド音楽〜ヨーロッパの香り、ということで、海洋の混血音楽「ターラブ」を代表するバンド、カルチャー・ミュージカル・クラブの来日公演。推定95歳の女性歌手「ターラブの女王/生きる伝説」ビ・キドゥデも同行!!

7月19日 東京公演
第23回〈東京の夏〉音楽祭2007 島へ−海を渡る音「ザンジバル島の大衆音楽・ターラブ」
出演:カルチャー・ミュージカル・クラブ ゲスト:ビ・キドゥデ
日時:7月19日(木)19:00開演
会場:渋谷 C.C.Lemon ホール(渋谷公会堂)
料金:S席 6500円、A席 5500円(税込)
問い合わせ:プランクトン Tel.03-3498-2881
チラシ

7月17日 大阪公演
世界一周の旅シリーズ「東アフリカの島 ザンジバルのターラブ」
出演:カルチャー・ミュージカル・クラブ ゲスト:ビ・キドゥデ
日時:7月17日(火)19:00開演
会場:ザ・フェニックスホール
料金:3500円(税込)
問い合わせ:ザ・フェニックスホール Tel.06-6363-7999

7月18日 関連イベント・レクチャー&デモンストレーション
ザンジバル島の大衆音楽「ターラブ」を知る!
講師:富永智津子(宮城学院女子大学教授)
7月18日(水)19:00、ブリヂストン美術館1Fホール
問い合わせ:石橋財団ブリヂストン美術館 Tel.03-3563-0241

詳しくは⇒プランクトン、ターラブのページ(http://plankton.co.jp/zanzibar)


5月20日〜30日 小藤日南子 in 新洋画会展
日時:5月20日(日)〜30日(水)
会場:東京都美術館(上野)http://www.tobikan.jp
入場料:一般500円、大・高校生300円
「今回は有料なので、いらしていただける方に招待状送付いたします。会場には、5/26(土)14〜17時(ただし16時以後パーティにつきいない場合あり)、5/27(日)14〜17時、5/30(水)13〜14時(最終日につき14時終了)にいる予定」とのことです。日南子さんに連絡を。


5月20日(日)クオリア at 水戸 BUBBLE
クオリア イラスト by Barzile Amishiki出演:
サカキマンゴー & Limba Train Sound System
タブレカ
・ベリーダンサー Caren
・シャマリ
展示 :シーノ・タカヒデ
販売 :ハチバス
日時:5月20日(日)17:30開場、18:00〜21:30
会場:水戸 スペースラボ バブル SPACE LAB BUBBLE(http://bubble-mito.com)
 茨城県水戸市泉町2-2-30 石川ビル3号館 B1F(地図Map
 Tel. 029-303-1331
入場料:前売2500円、当日3000円(別途ドリンク代500円)
主催:青空社
詳細・チケット予約は⇒クオリア homepage(http://qualia.orio.jp)
チラシ⇒


●アフリカンフェスタ2007からサカキマンゴー & Limba Train Sound System

サカキマンゴー & Limba Train Sound System
サカキマンゴー & Limba Train Sound System
サカキマンゴー & Limba Train Sound System

 エレクトリックのサカキマンゴーさんは初めてだったけど、よかった。飛び入りで踊り出すアフリカ人が出てくるし、のってました。
2007.5.23(しゅん)

5月19日、20日 アフリカンフェスタ2007
恒例のアフリカンフェスタ。ぴがぴが周辺でいうと19日にサカキマンゴー、ハクナターブ、20日にアニャンゴ、B. B. モフランなど。
日時:5月19日(土)12:00〜17:00
   5月20日(日)10:00〜17:00
場所:日比谷公園 大噴水広場・小音楽堂・第二花壇周辺
入場無料、雨天決行
詳細は⇒アフリカンフェスタ(http://www.africanfesta.com)


3月24日(土)MOTHERLAND

⇒シーノ・タカヒデのページに写 真リポート


1月23日(火)AT's WILE presents .....
ほな、さいならライブパーティ Returns ! あらため
スキゾなわたしの半世紀!記念ライブ
(for my half century schizoid life)

出演:une-voix、JariBu
日時:2007年1月23日(火)19:30 open 20:00 start
会場:音楽喫茶モジョ MOJO(http://www.mojo-m.com)
 Tel.04-2923-3323 所沢駅西口徒歩5分(地図MAP)
 所沢市東住吉7-9 T.ingビル201
入場料:1ドリンク込み2000円

une-voix
ユヌボアはフランス語で“声”。ボーカルはもちろん、ギターもベースもドラムも声を発するように音を発し、声が混ざり合うようにハーモニーを奏でるアヴァンギャルドなポップバンド。
2004年に始めた当初はエロ・ラッピンと呼ばれていたが、改名してからはジャズ・メタル・プログレ・ファンク・演歌・アニソン・歌謡曲など様々な要素を盛り込んだ楽曲を作り上げている。勉学に励まず音楽に捧げた大学生活も残りわずか。その成果 を見せていただきます。
JariBu
 ⇒前回のライブ 前々回のライブ ⇒ホームページ(http://webstyle.jpn.org/jaribu)
ジャリブはスワヒリ語で“挑戦”。フェラ・クティのようなビートを叩き出していたアフロオーケストラ・アフロディジアクのドラマー mi-chang が2006年6月に新たに始めた小編成(といっても8人!?)バンド。
アフロビートを基調にしたインストゥルメントファンクバンドだが、オリジナルナンバーに漂う叙情性にも驚かされる。いつか、ぴがぴがナイトにもご登場願おうと思っていたJariBu。
踊りたがってる所沢のアフリカ好きのために、一足早く来ていただきます。
AT's WILE
スキゾフレニックなわたし(多田篤毅)が、あちこちで見つけて気に入った音楽を地元所沢のおともだちと一緒に楽しむために立ち上げたひとりプロジェクト。
新所沢BROCKHEADSでのケンタ&シンイチロウ(現BlackCoffee)デュオライブを皮切りに、気の向くまま不定期にイベントを開催。前回(2006/11/4)は宮崎への単身赴任を前にして、所沢MOJOにて「ほな、さいならライブパーティ」を実施したが、何故かまだここに居る・・・。 ならばもう一発と考えたものの「お別れ会」も2回目ともなるとちょっとブーイングが怖いので、50歳の誕生日の前日ということを利用して今回のタイトルになった次第。
ほんとに懲りないオヤジだ・・・。
p.s. 2007/1/13(土)には新所沢RenRenで、Kitchenのアコースティックライブもあります。これもわたしのお気に入り。詳細はRenRen(04-2923-4982)まで。
2007.1.2(多田)


●アルバムを発売し絶好調、pikaiaはNaveさんからライブ情報

pikaia album "Sangue"今年は秋の訪れが早いですね。さて、pikaia pandeiro special。9/6のBuddyでのレコ発から西へのツアーまで怒濤のスケジュールを大成功で締めくくりました。各地で素晴らしい出会いの数々。関わってくれたみんなに感謝でいっぱいです。
過酷なツアーをやり遂げたことによって、バンドが2回りくらい成長できた手応え。それを糧にして、9/25の正式発売日以降、盛り沢山のライヴをブッちぎって行きます。
アルバム『SANGUE』は大手CDショップ、ライヴ会場で入手出来ますが、 通販も行ってます。
ブラジル打楽器専門店マルメラアダ(http://www.marmelada.jp/topic.html)

ライヴ情報まずは毎年恒例のこいつから。

10月8日(日)、9日(月)第6回ピカイア祭り!!
第一夜:10月8日(日)18:00開場
1.pikaia pandeiro special 19:00〜19:30
 渡辺隆雄tp、中西文彦g、小澤敏也perc、宮川剛perc
 ppsが口火を切るぜい!
2.SEIMO 19:45〜20:25
 六反征吾vo.g、島田しげるbass、宮田誠drums
 パーカッション制作&陶芸でも有名な六反クンのセット。個性的なサウンドに乞うご期待!
3.P-CLUBE 20:35〜20:55
 小澤敏也pandeiro、柳元武司pandeiro、玉井正剛pandeiro、星野クンpandeiro
 今年は少数精鋭のパンデイロアンサンブル。
4.Asuka(XUXU)+pikaia pandeiro special 21:10〜21:40
 Asuka vo、渡辺隆雄tp、中西文彦g、小澤敏也perc、宮川剛perc
 ジャズコーラスユニットでは今日本で一番人気のあるXUXUからAsukaちゃんをゲストに。声の魅力に会場が震える40分。
5.ピカイアオーケストラ 21:50〜22:20
 渡辺隆雄tp、後藤篤tb、中西文彦g Asuka vo、小澤敏也perc、宮川剛perc、六反征吾perc、柳元武司perc、玉 井正剛perc、星野クンperc
 恒例オーケストラ! Asukaちゃんも唄います。六反クンもまじります。
第二夜:10月9日(月)18:00開場
1.ピカタツ 19:00〜19:30
 渡辺隆雄tp,perc、小澤敏也perc、松下達也(芝居)
 ピカイア初の役者とのコラボ。何が出るか!? 期待大!!
2.四管 19:35〜20:10
 渡辺隆雄tp、松本健一ts、後藤篤tb、高岡大祐tuba
 今年も四管。ジャズ〜ニューオリンズに染まる35分。
3.小池(Hands of Creation)+BIC(バランサ)+pikaia+中西 20:20〜21:00
 小池龍平vo,g、BICperc 渡辺隆雄tp、小澤敏也perc、中西文彦g
 今年の超目玉!! ハンクリ&bophanaの小池君と、あのBICを迎えるスペシャルユニット。pandeiroが炸裂する〜
4.木下尊惇g,vo 21:10〜21:50
 今年ももちろん外せません。5月に久々にボリビア里帰り公演を果 たし、大成功を収めてきた木下さん。素晴らしいです。ゲスト有りとのウワサも。pikaiaもまじるか・・・
5.ピカイアオーケストラ 22:00〜22:30
 渡辺隆雄tp、松本健一ts、後藤篤tb、高岡大祐tuba、小池龍平vo、中西文彦g、木下尊惇g、小澤敏也perc、BICperc、柳元武司perc、玉 井正剛perc、星野クンperc
 恒例オーケストラ。この日はボリビア〜ブラジル北東部〜アフリカ〜ブラジル南部を巡る音旅。

会場:西荻窪・音や金時(http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin)Tel.03-5382-2020
入場料:予約3000円、当日3500円、二日通し5500円
※各日とも40名限定。40名を超えた場合は立見になる可能性がありますので、ご予約はお早めに。
予約は⇒rappa@gj8.so-net.ne.jp

そして芸術の秋に相応しい夜の数々をご紹介。

10月6日(金)四管@合羽橋なってるハウス
19:30開場 20:00〜 \2,000
最強のブラス四本で繰り広げられるニューオリンズ〜ジャズ。

10月12日(木)渡辺隆雄tp早川岳晴bデュオ@荻窪ビストロ・サンジャック
19:00開場 20:00〜 \2,500
久原大河画伯個展スペシャルlive! 10 Knock Out!

10月13日(金)missing link@荻窪rooster-north-side
19:00開場19:30〜 \2,700
最強インストバンドの定例ライヴ。価値有り!

10月20日(金)pikaia pandeiro special@国立NO TRUNKS
19:00開場 20:00〜 投げ銭!
粋なジャズ飲み屋でクールに暴れまわるpps。聴かせます

10月27日(金)pikaia pandeiro special@高円寺SHOWBOAT
Fulldesign Records & Marmelada presents "LIVE SANGUE"vol.1
18:30開場 19:00〜 \2,200/\2,500
イベントでロックのライヴハウスに初登場のpps。テンション高いよ〜

秋の空気を感じながらいつもと違った夜を。
2006.9.30 (nave)
pikaia情報は⇒渡辺隆雄 頂上作戦(http://www007.upp.so-net.ne.jp/rappa-nave)


10月6日(金)NGOMA JAPANI vol.1 at 六本木Supper Delaxe

⇒シーノ・タカヒデのページに写 真リポート


pikaiaのNaveさんからライブ情報

今年の夏の暑さはそこそこで終わりそうですね。ありがたや。もう早いもので8月も終わり。そして。
9月に入ると、specialなliveがありまっす!
まずは、9/1(金)防災の日。 最強インストバンドmissing linkのアコースティックヴァージョン。早川さんがウッド、中山さんはグランドピアノ。いつもとは違った有り難いサウンドが聴けます。必聴です!

9月1日(金)missing linkライブ(アコースティックヴァージョン)
渡辺隆雄tp、後藤篤tb、吉田隆一bs、中山努p、早川岳晴wb、北沢篤ds、関根真理perc
日時:9月1日(金)19:00開場 19:30開演
会場:大久保・石森管楽器B1ホール(http://www.ishimori-co.com)
 Tel.03-3360-4970
入場料:予約2500円、当日3000円

そして! 御存知pikaiaの拡大発展型ブラジル方向性ユニットpikaia pandeiro specialのアルバム発売記念ライヴ。

9月6日(水)pikaia pandeiro specialアルバム発売記念ライヴ
渡辺隆雄tp、中西文彦g、小澤敏也perc、宮川剛perc
guest:渡辺亮perc、松本健一ts、後藤篤tb、高岡大祐
VJ 横澤 "ベニ" 紅太郎 with 柳元武司perc、玉井正剛perc、井手野敦perc
日時: 9月6日(水)18:30開場 19:30開演
会場: 江古田Buddy(http://www.buddy-tokyo.com)
 Tel.03-3953-1152
入場料:予約2700円、当日3000円

9/25のアルバム発売を前にした超豪華ライヴ。もちろん先行発売します。なんと、ライヴ会場限定発売のDVDも! 参考までに、日本のブラジルシーンを牽引する中原仁さんからいただいたアルバムのコメントをば。

社交辞令いっさい抜き、「俺が今、東京で聴きたいのはこういう音楽だ!」 と言えるバンドに出会うことが出来た。
"Jazz and beyond"な活躍を続けているトランぺッター、渡辺隆雄。
マルコス・スザーノの思想と精神を継承するパーカッショニスト、小澤敏也。
この2人のデュオ・ユニットから発展した pikaia pandeiro special の音楽は、 たんなる "アフロ・ブラジル音楽とジャズ〜ファンクのミクスチャー"ではない。
そこには、さまざまなルーツ・ミュージックへの敬意と探究心に加え、 "東京発の音楽"を目指す爽快なアドヴェンチャー精神がみなぎっている。
この、聴いててまさに血(サンギ)が騒ぐアルバム『SANGUE』を機に、 彼らが東京の、日本の、そして世界のライヴ・シーンで大暴れする日は、もうすぐそこまで来ていると思う。 ―― 中原仁

それでは皆さん、両日とも強力なプログラムでお待ちしております。
2006.8.31 (nave)
レコ発ツアー情報は⇒渡辺隆雄 頂上作戦(http://www007.upp.so-net.ne.jp/rappa-nave)


コノノ No1 初来日公演

 コンゴ(旧ザイール)の電気親指ピアノ轟音人力トライブ音楽集団、コノノ No1 初来日です。コンゴのアンゴラ近くの村のトラディショナル音楽が、大きく鳴らしたいと手製のジャンク楽器やら音響機材を駆使したらこうなった! おもしろいんで主催のプランクトンと宣伝協力しあうことにしました。東京はもちろん8月27日の日比谷野音がおすすめ。
2006.6.3(しゅん) 

link to flyer KONONO No1
8月27日 WORLD BEAT 2006
出演:コノノNo.1、ROVO、渋さ知らズオーケストラ
日時:8月27日(日)15:00開場 15:45開演〜20:00終演予定
会場:日比谷野外音楽堂
入場料:前売6500円、ペア券12000円(指定)、東京2公演(8/27+9/5)セット券:11000円

コノノNo.1 クラブツアー
8月29日(火)名古屋クラブクアトロ(052-264-8211)
8月31日(木)広島クラブクアトロ(082-542-8211)
9月5日(火)渋谷クラブクアトロ
18:00開場・19:00開演
前売5500円(自由/1ドリンク別)、東京2公演(8/27+9/5)セット券:11000円

かわちながの世界民族音楽祭 "コノノ祭り"
大阪 河内長野市 ラブリーホール・大ホール
9月2日(土)コノノNo.1、和太鼓飛龍ほか 17時開演 指定席4500円
9月3日(日)コノノNo.1、渋さ知らズ 16時開演 指定席5500円
大阪2公演(9/2+9/3)セット券:7500円(アフターパーティ付)
問:ラブリーホール 0721-56-6100

詳しくは⇒プランクトン(http://www.plankton.co.jp)

コノノNo1


シーノさん四国2往復

 神野さんからさっそく写真が届いたのでご紹介します。(2006.7.18)

エピゾ・バングーラ&獅子舞&シーノ・タカヒデ
エピゾ・バングーラ&獅子舞&シーノ・タカヒデ(四国学院2006.6.20)

7月15日 ノトス館落成記念イベント“アフリカの風”
アフリカの太鼓にさぬきの獅子が舞う! リズムに乗ってライブ・ペインティング!
エピゾ・バングーラ・ファミリー、シーノ・タカヒデ、丸亀市中府町三軒家六段獅子
日時:7月15日(土)12:00〜13:00
会場:四国学院大学ノトス館前特設ステージ
入場無料

 タブレカの四国ツアーでお世話になった香川県は四国学院から、ノトス館落成記念ということでお呼びがかかりました。エピゾ・バングーラ・ファミリーとライブペインティングです。子どもたちと絵を描くとか、ほかにも企画があったような‥
2006.6.20(しゅん) 

6月30日 輪抜けLIVE at 高知 Gallery Nove Stanze
高知県高知市朝倉神社で6月30日に輪抜け様と呼ばれるお祭りが開催されます。関東では胎内くぐりとも呼んでいます。この行事にあわせ、Gallery Nove Stanzeでは、「輪ぬけLIVE」と称しライブペインティングイベントを開催します!
出演:シーノタカヒデ(ペインティング)、柴田ケイコ(ペインティング)、なかひらじゅんこ(ペインティング)、やまと(アコースティックギター)、くずめ(ジャンべ)
日時:6月30日(金)7時スタート
入場料:500円
会場:Gallery Nove Stanze(http://novestanze.net)
 高知市朝倉丙1498-7(朝倉神社となり)

 こちらは4月にオープンした高知のギャラリー&カフェ。オープニングにもシーノさんは行っていて、写 真を受けとってはいるんだけど、整理できずにそのままになってしまっていてごめんなさい。

2006.6.20(しゅん) 
ノトス館落成記念イベント

輪ぬけLIVE

アフロディジアクにいたmi-changの新バンドJariBuも登場

6月24日 JariBu in Soul Garden

JariBuのページに移動しました


アムネスティ・インターナショナルのチャリティライブ

5月28日 ソングズ・フォー・ヒューマンライツ
〜アフリカの子どもと世界の自由のために
出演:B.B.モフラン&ジャンボ(コンゴ出身)
   ニャマ・カンテ(ガーナ出身)
日時:5月28日(日)17:00開場 18:00〜21:00
会場:六本木 Supper Delaxe(http://www.super-deluxe.com)
入場料:3500円(1ドリンク付)
問い合わせ先:アムネスティ・インターナショナル日本(http://www.amnesty.or.jp
 チャリティライブ担当 野田 Tel. 03-3518-6777

 おいしいお酒とアフリカ音楽を楽しみながら、アフリカの人権状況を知り、日本に住む私たちに何ができるかを考える機会にしたいというチャリティーイベント。会場はおなじみSuper Delaxe。モフランさんがバンドで出てくるのは久しぶりのような。
2006.4.21(しゅん) 



ムビラサミット

アフリカ親指ピアノの共演!

5月21日 ムビラサミットEast vol.1〜アフリカ親指ピアノの共演!
タンザニアのリンバ、コンゴ民主共和国のリケンベ、ジンバブエのムビラ
近藤ヒロミ、ムビラトロン、サカキマンゴー、ムビラジャカナカ+ハヤシエリカ(ムビラの紙芝居)、ダダムビラ
日時:2006年5月21日 15:00〜21:00(14:30開場)
場所:秋葉原 Aunty Navel(http://www.aunty-navel.com)
   Tel.03-3253-4323 東京都台東区秋葉原3-11
   秋葉原駅中央改札より徒歩5分
入場料:前売3000円(2ドリンク付)当日3500円(2ドリンク付)
主催:ムビラサミットEast実行委員会
詳しくは⇒チラシ(ムビラジャカナカのHomepage)


pikaiaの近況

4/12〜14にpikaia pandeiro specialで合宿レコーディングを行いました。日本では初めてともいえるブラジルの打楽器を駆使した画期的アルバムです。
日本が世界に誇る(?)打楽器専門店・マルメラアダが全面バックアップ。 ゲストも4人入ってます。リリースは9月初旬。 9月にはゲストを迎えてレコ発ライヴを行う予定です。乞う御期待。
今はミックス作業の真只中。産みの苦しみ中です。そんななかでも、ライヴでは前進し続けます。 さて、今月のpikaia pandeiro specialのご案内です。

5月14日 特別企画 pikaia afro special
超強力ホーンを小澤+若手No1アフリカンパーカッション奏者・れお君の太鼓チームが迎え撃つ面 白企画。
渡辺隆雄tp、片山広明ts、後藤篤tb、小澤敏也djembe、駒澤れお djundjun, kenikeni, kalimba
日時:5/14(日) 19:00開場 20:00〜
会場:西荻窪アケタの店(http://www.aketa.org)
チャージ:2500円

5月18日 pikaia pandeiro special at 西荻窪 音や金時
日時:5月18日(木)19:00開場 20:00〜
会場:西荻窪 音や金時(http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin)
チャージ:2600円

5月27日 shanti shanti2006@西丹沢マウントブリッジキャンプ場
初の野外ライヴ。pikaia pandeiro specialは19:00過ぎから1時間の出演。
日時:5月27日(土)
会場:西丹沢マウントブリッジキャンプ場(http://www.shanti-shanti2006.net)

梅雨入り前の良い季節、是非ライヴ会場へ。お待ちしてます。
渡辺隆雄(http://www007.upp.so-net.ne.jp/rappa-nave)さんからでした。


日南子さんからご案内

3月14日〜25日「母校 文化学院のアーチをくぐった仲間達 第12回 色と形を遊ぶ展」出品
日時:3月14日(火)〜25(土)
会場:赤坂ギャラリーサカ Tel.03-3401-6446
   港区赤坂9-5-12

4月17日〜29日「NewイラストレーターズファイルVol.4 出版記念展」出品
日時:4月17日(火)〜29日(日)
会場:ART BOXギャラリー Tel.03-3574-7156
   中央区銀座5-9-10-4F
ART BOX出版『NewイラストレーターズファイルVol.4』に日南子のペンネームで作品掲載決定。有名書店美術書コーナーで見てね!

イラストレーターズファイル
 今年から職を変えたという日南子さん、絵は休業と思っていたら知人の誘いが続いて、1月には「神奈川芸術家協会展」出品し、東京新聞に作品記事がチョッピリ掲載されたとのこと。
2006.2.18(しゅん)


ピカイアのライブ

4月6日 pikaia pandeiro special at 荻窪
pikaia pandeiro special
渡辺隆雄 tp, flh、中西文彦 g、小澤敏也 pandeiro, berimbau, zabumba, caixa, alfaia、宮川剛 pandeiro, alfaia, caixa, rebolo, repique
日時:4月6日(木)19:00開場 19:30〜
会場:荻窪 rooater-north-side(http://ogikubo-rooster.com/north)
 Tel&Fax 03-5397-5007 荻窪駅北口下車徒歩5分
 杉並区上荻1-24-21 協立第51ビル B1
入場料:2500円+オーダー

 渡辺さんよりご案内です。「ppsのレコーディング準備で花見の余裕もない今日この頃。そんな曲作り〜リハを経て、いよいよ幼虫から蝶に羽ばたくppsの姿を是非。来週のレコーディングに先立ち4/6(木)に荻窪でライヴをやります。ブラジル北東部音楽をモチーフにしたエネルギッシュなアフロブラジルサウンド。世界中探してもなかなかない貴重なグルーヴを体感してみて下さい」とのこと。急だけど、お時間のあるかたはぜひどうぞ!
2006.4.4(しゅん) 


ケニアから帰国したシーノ・タカヒデの出没情報

4月1日〜 高知ピッコロモンドのオープニングでライブペインティング&個展
イタリア料理のお店なんだろうか、オープンにあわせライブペインティングやら、店のアートデザインやらをやりに高知に行きます。高知の人、連絡とってみてください。
日時:4月1日(土)〜終わりは未定
場所:ピッコロモンド
 高知市丙1498-7 Tel.090-4504-5632

4月3日〜15日 宇野亜喜良 COLLABORATION に出展

宇野亜喜良+沢野弓子

宇野亜喜良さんの版画に各作家のイメージをコラボレーションする企画。30人の作家のなかにシーノさんも加わってます。写 真は宇野亜喜良+沢野弓子。
日時:4月3日(月)〜15日(土)11:00〜19:00(最終日〜18:00)日曜休廊
会場:ギャラリーヴィー Gallery Vie (http://www.beeflight.com)
 神戸市中央区海岸通3-1-5海岸ビルヂング306号(地図
 Tel. 078-332-5808 Fax. 078-332-5807  阪神元町駅西口下車南へ5分

 ケニアから帰ったと思ったら、なにやら忙しく動きまわっているシーノさんです。ケニヤの写 真も届いたので、近いうちアップしますんで。
2006.3.25(しゅん) 


●小藤日南子さんが出展しているグループ展です

小藤日南子
新洋画会

11月1日〜6日 新洋画会 会員展
日時:11月1日(火)〜6日(日)
 10:00〜17:00(最終日〜16:00)
会場:恵比寿麦酒記念館ギャラリー(恵比寿ガーデンプレイス内)
入場無料
美味なビールも味わえる会場です。日南子さんは11/3(木)は13時以降会場にいる予定とのこと。

8月20日〜30日 新洋画会
新洋画会に油彩3点出品
日時:8月20日(土)〜30日(火)
 9:00〜17:00(初日14:00〜、最終日〜13:30)
会場:東京都美術館(上野公園内)
入場料:500円

7月28日〜31日 kAMON展
kAMON展に水彩を出品
日時:7月28日(木)〜31日(日)
 初日15:00〜19:00、中日11:00〜19:00、最終日11:00〜17:00
会場:康(やす)ギャラリー
 渋谷区神宮前5-51-1フィットネスプラザ1階、地下鉄表参道駅から徒歩3分
 Tel 03-5469-5511

 松原あらため小藤日南子さん参加のグループ展です。ただいま作品づくりに追われているもよう。「大作?3点出品なので、お尻に火がつき結構ヤバイ状況で〜す。板さんはじめ皆様に、よろしくお伝えくださいませ!暑さにメゲず、お互いがんばりまっしょい!」とのこと。

2008.7.28(しゅん) 


●ぴがぴが11th初登場 pikaiaのライブ

10月9日(日)、10日(休)ピカイアpikaia 祭り
第一夜=ピカイア・パンデイロ・スペシャル、寺田町+すどうかよ、リサ・バロッカ、木下尊惇、ピカオケ
第二夜=ピカイア、四管、P-CLUBE、山田晃士ショー、ピカオケ
日時:10月9日(日)、10日(休)18:00開場 19:00開演
会場:西荻・音や金時(http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin)
 Tel.03-5382-2020(地図MAP
入場料:予約3000円、当日3500円、予約通し券5500円(+飲食)
※予約はメールでrappa@gj8.so-net.ne.jp
詳しくは、
渡辺隆雄(http://www007.upp.so-net.ne.jp/rappa-nave)
小澤敏也(http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto)

10月27日(木)Pikaia Pandeiro Special“Brasilian Night”
宮田まこと、PPS〜Pikaia Pandeiro Special、岩村健次郎&メロンメロン
日時:10月27日(木)19:00開場 19:30開演
会場:三軒茶屋 Grapefruit Moon(http://www.grapefruit-moon.com)
 Tel.03-3487-8159(地図MAP
入場料:2500円+ドリンク

●pikaia渡辺隆雄さんのもうひとつの顔

10月11日(火)missing link“That's what we call real groove!”
渡辺隆雄tp 後藤篤tb 吉田隆一bs 中山努org, key, g 早川岳晴b 北澤篤ds 関根真理perc
日時:10月11日(火)19:00開場 20:00開演
会場:新宿 Pit Inn(http://www.pit-inn.com)
 Tel.03-3354-2024
入場料:3000円+1ドリンク


●ぴがぴがに加わってくれた伊藤宏子さんのライブ

9月29日(木)ハクナターブアフリカンダンスワークショップ

ぴがぴがナイト9th
ぴがぴがナイト9thでのワークショップ

ひさしぶりの東アフリカのダンスワークショップです。初心者も経験者もお気軽にご参加ください。自分自身を輝かせ魂を呼び起こし新しい自分を発見する楽しいワークショップです。
日時:9月29日(木)午後7:00〜8:30
参加費:¥2800
会場:上目黒住区センター地下1音楽室(目黒区祐天寺2-6-6)
 東横線祐天寺下車、駅前商店街を4分位直進すると左手にトンカツ屋のさんきがあります。そこを左折すぐ。
服装:自由ですが汗をかきます。
問い合わせ:携帯090-4422-7877伊藤宏子

10月8日(土)タンザニアのタブ・ザウオセさんを招いてのライブ

タンザニアの人間国宝の故フクエ・ザウオセ氏の長女タブさんは、多彩なアーチストでありハクナターブと10年来の仲間です。今回1日限りの特別 ライブ。ダンス、ムビラ親指ピアノと盛りだくさんの内容で東アフリカを味わってください。
伊藤宏子(ダンス)RYUICHI(パーカッション、イリンバ)斉藤森(パーカッション) ゲスト:タブ・ザウォセ(ダンス、イリンバ、歌)
日時:10月8日(土)19:00〜21:00
会場:府中 Cafe Slow(http://www.cafeslow.com)
 Tel.042-314-2833
入場料:前売2000円、当日2500円(1ドリンク付き)

10月28日(火)ハクナターブ & ムビラトロン
ハクナターブ=伊藤宏子(ダンス)RYUICHI(パーカッション、イリンバ)斉藤森(パーカッション)ゲスト:タブ・ザウォセ(ダンス、イリンバ、歌)駒沢れお(パーカッション)
ムビラトロン=OTO(ギター)RYUICHI(パーカッション、イリンバ)圭子(歌)麻衣(歌)
日時:10月28日(火)18:00〜21:30
会場:青梅 麦(Muji)(http://www.muji-makigama.shop-site.jp)
 Tel.0422-49-6974(地図MAP
入場料:前売1200円、当日1500円



●キーボードのトミさんからライブのお知らせ

8月15日(月)la division dei sur のライブ

メンバーはper阿達彰義、sax太田聖士、pf青木弘、gt大平重成など総勢11名でおとどけします。ぜひ!お越しくださ〜い!
日時:8月15日(月)18:00開場 20:00〜
会場:六本木 STB 139(スイートベイジル)(http://stb139.co.jp)
 港区六本木6-7-11(地図MAP
 地下鉄「六本木駅」3番出口より徒歩約2分、六本木交差点アマンドの角を麻布十番方面 へ芋洗い坂を約50m下った右手
入場料:前売3700円 当日4200円


●「本物のジェリ(グリオ)の音楽と踊りをお届けしたい」

エピゾ・バングーラファミリー・ジャパンツアー2005
Epizo Bangour Family Japan Tour 2005

Epizo Bangoura & Family 2005.7.24

Epizo Bangoura & Family 2005.7.24
2005.7.24 エピゾ・バングーラ&ファミリーのライブから(六本木Super Delaxe)

 7月24日の六本木Super Delaxeに行ってきました。エピゾって、ともかく多芸多才で、コラからジェンベや太鼓、踊りからアンサンブルまで、あらゆることをやっていて、すごい人でした。写 真の場面とは違うんだけど、この日いちばん気に入ったのは、前半のステージの途中あたり、コラふたりに太鼓やら歌が入ったやつ。エピゾのコラって、エレキギターのようにも聞こえてきて、もうひとりのコラがリズムをきざみ、太鼓が入ったときのノリがすごくいいんだ。自然と体が動きだすというかんじで、私は踊っておりました。怒濤のジェンベは盛り上がるんだけど、こっちのノリを進めて踊りまくれるようなのが生まれると最高なんだけどな。まあ勝手な感想ですが。

2005.7.28(しゅん) 

●このへんに感想が⇒メッセージボードNo.0405〜

ギニアはジェリ(グリオ)の家系に生まれ、多彩な音楽家として世界で活躍するエピゾ・バングーラが、海外でははじめて兄弟姉妹がそろうという来日ツアー。「本物のジェリの音楽と踊りをお届けしたい」とのこと。
来日メンバーは、エピゾ・バングーラ(バンドマスター、コラ、バラフォンをはじめあらゆる楽器を演奏、ダンサー、振付家、教育家、フランス在住)、モハメド・バングーラ(ジェンベ、ドゥンドゥン奏者でダンサー、オーストラリア在住)、カラモコ・バングーラ(コラ、バラフォン、ドゥンドゥン奏者、フランス在住)、シボ・バングーラ(ジェンベ、ドゥンドゥン奏者、オーストラリア在住)、ンマ・バングーラ(女性シンガー、ダンサー、教育家、アメリカ在住)の5人。

7月6日(水)ライブ
 同志社大学京田辺校地多目的ホール 16:15〜19:00 無料
7月7日(木)
 京都・堺町画廊 18:00〜21:00
7月9日(土)ダンス・ドラムワークショップ
 新大阪ココプラザ 13:00〜21:00
7月10日(日)ライブ
 Cafe Fish(神戸メリケンパーク)19:00〜21:00
 前売り3500円、当日4000円(1ドリンク付)
7月15日(金)ライブ
 香川県高瀬町祭・前夜祭「高瀬・空射矢まつり」特設会場 19:00〜21:00 無料
7月17日(日)
 社会福祉法人南山城学園(宇治市黄檗体育館)13:00〜15:30
7月18日(月・祝)ライブ
 横浜THUMS UP(横浜市西区南幸2-1-22 Movil 3F)17:00〜21:00
 前売り3500円、当日4000円(ドリンク、フード別)
7月22日(金)ダンス・ドラムワークショップ
 かなっくホール(神奈川区民文化センター)15:30〜19:30
7月23日(土)ダンス・ドラムワークショップ
 茅ヶ崎総合体育館 12:30〜16 :30
7月24日(日)ライブ
 六本木Super Deluxe(東京都港区西麻布3-1-25-B1)18:00〜
 前売り4000円、当日4500円(1ドリンク付)

詳細は主催⇒リブラブラフ!(http://www.live--love.com)info@live--love.com
首都圏情報は⇒銀河大陸(http://gingatairiku.net)
エピゾ・バングーラ本人のホームページは⇒Epizo Bangoura and African Express(http://www.epizo.net)英語・フランス語

 去年の四国ツアーで知り合ったOiOiの里見さんが、やりたいんだけどできるんだろうか…と語っていた企画がついに実現。海外から人を呼ぶのははじめてというなかから、1カ月のツアーをつくりあげたんだから、すごいよ。

2005.6.30(しゅん) 


●タブーや板井が加わるアフリカンレゲエバンドが出演

7月12日 民族レゲエBAR at 逗子海岸 海音

出演:African Reggae Band、Earthing、Bobin and the Mantra
日時:7月12日(火)17:00〜
入場料:2500円
会場:湘南逗子海岸 海音KANNON(http://www.kannon-beach.com)
 Tel.046-871-7681(地図MAP

 突然ですがタブーや板井が加わるアフリカンレゲエバンドが、逗子海岸に夏だけオープンするクラブビーチハウスに出演するとのこと。しかしAfrican Reggae Bandとは、べたな名前できたな。メンバーは、ロビー(ボーカル)、ジャガジャガ(ドラムス)、ダウディー(ベース)、タブー(サックス)、板井(ギター)、鈴木(キーボード)の予定。平日だし遠いしで私は行けませんが、お近くの人はどうぞ。

2005.7.2(しゅん) 


●DJチームのお友だちヤマちゃんの個展

6月21日〜26日 YAZID個展「GOOD FACE」

YAZIDのページに移動しました。


●タブーやケリーが加わるコンゴバンドLOKITOのライブ

6月25日 R.D.CONGO Independent Party

LOKITO 2005.5.20

LOKITO 2005.5.20
アフリカンフェスタ2005でのLOKITOのライブ(2005.5.20)

コンゴ民主共和国独立45周年記念パーティー
出演:LOKITO
日時:6月25日(土)6:30pm開場 7:30pm〜
入場料:前売3000円 当日3500円(1drinkとfoodつき) 家族5000円(子供12歳以下)
会場:東京カテドラル聖マリア大聖堂
 文京区関口3-16-15(椿山荘のむかい)
主催:在日本コンゴ民主共和国大使館
問い合わせ先:
 在日本コンゴ民主共和国大使館 Tel.03-5820-1580/1
 EDOSHエドーシャ Tel.090-8313-1948 edocha@m8.dion.ne.jp
 BANZIAFRASIAバンジアフラシア Tel.090-8646-5795 afrasia@gol.com


●ママドゥたちの新しいグループのファーストライブ

5月12日 AFRIKUNDA First Live〜アフリカの音・リズム!

AFRIKUNDA(アフリカン・ファミリー)は西アフリカ出身のミュージシャンにより結成されたグループ。メンバーはママドゥ・ドゥンビア、ワガン・ンジャエ・ローズ、ジャセ・ニャン、アブドゥ・バイファル、トニー・山本
日時:5月12日(木)7:30pm開場 8:00pm〜
入場料:3000円(1 Drinkつき)
会場:新宿Pit Inn(http://www.pit-inn.com)
 Tel.03-3354-2024 新宿区新宿2-12-4アコード新宿B1
詳しくは⇒AFRIKUNDA(http://afrikunda.hp.infoseek.co.jp)
TORODO2005


●自然のなかで西アフリカの太鼓&ダンス三昧の4泊5日はいかが

5月1日〜5日 TORODO WEST AFRICAN DRUM & DANCE CAMP 2005

アメリカ国内で現在活躍中のマリ、セネガルのドラム講師、ダンス講師を招いての West African Drum & Dance Camp。
講師陣は、Abdoulay Diakite (drum)、Abdoul Doumbia (drum)、Malik Sow (drum)、Mareme Faye (dance)、N'deye Gueye (sabar dance)、Oumar Mboup (support sabar)
日時:5月1日〜5日
場所:埼玉県青少年野外活動センター 彩の国グリーンビレッジ(埼玉県県秩父市)

参加費や詳細は⇒TORODO2005http://www.motherlandmusicjapan.com

お問い合わせ先:マザーランドミュージックジャパン 加藤琢巳
 camp@motherlandmusicjapan.com Tel. 090-5218-5040

 案内が届いたのでご紹介。「欧米などで毎年盛んに行われ、海外各都市から様々な人たちが集まって1つのカルチャーを学ぶキャンプ型ワークショップをぜひ日本でも!! という熱い思い」でボランティアスタッフが集まってはじまった企画とのこと。「キャンプならではの集中してクラスを受けられるのはもちろん、参加者みんなで協力して作り上げていく、そんな一体感のある時間を過ごせたら」とのことなんで、ゴールデンウィークにアフリカ三昧したい人はいかがでしょう。

2005.3.10(しゅん) 



●トミ・板井・タブーによるアコースティックナイト

4月22日(金)SuiSui★Night

演奏:Piano TOMI、Guiter板井巧、Sax タブー
日時:4月22日(金)21:00〜23:00
飲み放題(2時間)5000円
会場:Piano Pub 酔酔 Tel. 044-822-0566
 川崎市高津区溝ノ口2-28-16 美味んぼ屋くろ兵衛2F

flyer SuiSui Night

●シーノ・タカヒデ作品展も開催

4月9日〜14日 大阪でタンザニア週間
April 9-14, Tanzania Week in Osaka

アフリカ旅行で有名な道祖神の大阪営業所で、タンザニア週間と銘打ってシーノ・タカヒデ作品展やティンガティンガ展、連続のカルチャー講座などが開かれます。すべて入場無料なんで、関西方面 の方はぜひどうぞ。シーノさんも出向くとのことです。

2005.4.6(しゅん) 

展示・販売・試飲 4月9日〜14日
ティンガティンガ展
 会場:ハービスPLAZA4階アーチ・ホール
シーノ・タカヒデ作品展
 会場:ハービスPLAZA3階トラベル・ラウンジおよび大阪営業所内
・タンザニア民芸品や絵画のなどの展示即売
・タンザニア・コーヒーの試飲
講演会・演奏会〜アフリカカルチャー講座
 会場:ハービスPLAZA3階セミナールーム
 入場無料(定員40名)
4月9日(土)サファリと動物写真 16:30〜18:00
 講師:日比野 倉
4月9日(土)中高年のためのキリマンジャロ登山 18:30〜20:00
 講師:市橋隆二 (日本山岳ガイド協会認定ガイド)
4月11日(月)タンザニアという国 18:30〜20:00
 講師:ジョージ・V・ルゴメラ(神戸大学大学院、タンザニア人留学生)
4月12日(火)タンザニアの女性と子供たち−リテンボ村での日々の生活 18:30〜20:00
 講師:米田信子 (大阪女学院大学 助教授)
4月13日(水)ティンガティンガの魅力 16:30〜18:00
 講師:林 勇男
4月13日(水)リンバ演奏とタンザニア音楽のお話 18:30〜20:00
 講師:サカキ マンゴー(日本では数少ないリンバ奏者)
4月14日(木)タンザニアと日本 18:30〜20:00
 講師:H.E. E.E.E. ムタンゴ大使(駐日タンザニア大使)

詳しくは⇒タンザニア週間(http://www.dososhin.com/news/info04.html)

期間:4月9日(土)〜14日(木)
会場:ハービスPLAZA(http://www.herbis-osaka.com)3階および4階
 大阪駅前オーサカ・ガーデン・シティ内(地図Map
 大阪市北区梅田2-5-25
主催・問い合わせ先:道祖神 大阪営業所(http://www.dososhin.com)
 Tel. 06-6343-7225 フリーダイヤル 0120-184-922
 E-mail:osa@dososhin.com


●ぴがぴがナイトに登場が決まったyuccoさんのライブペインティング

2月28日(月)BOSSART at 青山 Immigrant's Cafe

flyer BOSSARTボサノヴァバンドとライブペインティング
yucco(live painting)、akie(vo)、クニイ(gu)、マッチャン(d)
日時:2月28日(月)20:00〜20:30
会場:青山 Immigrant's Cafe
 (http://www.immigrantscafe.com)
 Tel. 03-5766-8995(地図Map
 港区南青山5-9-15共同ビルB1F

 


●アフロディジアク2005年初ライブは、

1月29日(土)スコブル・ブラス!! at 吉祥寺STAR PINE'S CAFE

出演:BLACK BOTTOM BRASS BAND、AFRODISIAC、Pineapple Dandy、ラムバリオンズ、FREE FUNK
日時:1月29日(土)17:30開場 18:00〜
入場料:前売2300円+1drink 当日2600円+1drink
会場:吉祥寺STAR PINE'S CAFE(http://www.mandala.gr.jp)
 Tel. 0422-23-2251(地図Map)吉祥寺駅より徒歩5分
 東京都武蔵野市吉祥寺1-20-16-B1

アフロディジアクの情報は
DERAVOLT(http://www5.ocn.ne.jp/~deravolt)よりAFRODISIAC
link to AFRODISIAC

11月3日(水、祝)at club asia

AFRODISIAC 2004.11.3

AFRODISIAC 2004.11.3 AFRODISIAC 2004.11.3

AFRODISIAC 2004.11.3

ついにぴがぴがナイト登場決定!! アフロディジアク
 ぴがぴがナイトに来てくれることが決まって、写 真がいるっていうんで、デジカメ持って出かけたのだけど、小野寺さんは動きまわるし、みんなして暴れまくってるんで、もうたいへん。前回の失敗を反省して1脚を使ったんだけど、やはりぶれてるのが多くって。シャッタ押すときだけは動かないようにと注意したつもりなんだけど、体が踊ってしまってるんだな、これが。

2004.11.7(しゅん) 

ライブ:GROVE PLANET、for+one、THE BUN、スーパーカミオカンデ、AFRODISIAC
ダンス:physical note
日時:11月3日(水)祝日 17:00開場開演(AFRODISIACは19:55〜)
入場料:前売2000円 当日2300円(ドリンク別)
会場:club asia Tel. 03-5428-5739 渋谷区円山町1-8

10月15日(金)秋楽祭 at 初台DOORS

AFRODISIAC 2004.10.15

AFRODISIAC 2004.10.15

出演:FREE FUNK、e-ha?、AFRODISIAC、山口由木
日時:10月15日(金)18:30開場 19:00〜
入場料:前売2200円 当日2500円(ドリンク別)
会場:The DOORS(http://www.livebar-the-doors.com)
 Tel. 03-5350-5800

 アフロディジアクの出番は19時30分ごろから40分とのこと。前回はぴがぴがナイト1周年と重なっちゃったんで行けなかったんだけど、今回はオーケー。リズム隊がいい感じでしあがってるみたいなんで、楽しみ。

2004.10.9(しゅん) 

 総勢いったい何人だったんだろうか、パワーと迫力で押し切るというかんじ。いいです。ぴがぴがナイトにおさそいしたので、うまくいくといっしょにやれるかも。しかしこの日のバンドの組み合わせは、ちょっとねぇ。なにつながりなんだろうか。

2004.10.19(しゅん) 


過去のニュース&イベント情報

 

 

掲載2003年 6月 5日   
更新2014年 7月 1日